ノラネコ少女との暮らしかた
についてネタバレと感想を紹介します!

⇒無料で「ノラネコ少女との暮らしかた」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






ノラネコ少女との暮らしかた とは?

出版社:KATTS
発売日:2017/3/17
作者 :シイナ, 穴乱

ある日、サラリーマンの佐藤敦尭のもとに、制服姿のJK・高田美鶴が訪ねてきた。

天涯孤独となった美鶴となし崩し的に同居することになった敦尭だったが、同居しているのに顔を見ることもない生活がつづいていた…。

ある日、敦尭が酔っ払って帰宅すると、そこにはお風呂上がりの美鶴がいて…。


ノラネコ少女との暮らしかた 1話のネタバレ

ある雨の夜
美鶴は敦尭の元を尋ねる。


美鶴の家は学校から帰ると他の人の家になっていたという。


美鶴と敦尭は母がシングルマザー同士で仲が良かった。


“お互い支え合おう”
と約束していたという。


敦尭の母は既に亡くなっていた。


敦尭は突然の美鶴の訪問に困った表情をするが
美鶴は
“他に行くあてが…”
という上に
外は雨で夜も遅かった。


仕方なく落ち着き先が見つかるまでは泊めてあげることにする。


敦尭は
“そういう期待”
をしていたが
二人の生活リズムが違うため一緒に住んでいても顔を合わせることがほぼ無かった。


顔を合わせないが
美鶴は敦孝にご飯を用意していた。


敦孝は美鶴の夢を見て夢精する。


しばらく全く顔を合わせない日々が続く。


ある晩
敦孝が酒を飲んで帰ると
美鶴が丁度風呂上がりだった。


久しぶりに顔を合わせたのと酔っていたのとで、
敦孝は美鶴に絡みだす。


“手ぇ出されないとか思ってた?”
と冗談半分で迫ると
美鶴は
“別にいいですよ”
と抱きしめてくる。


美鶴が
“威勢がいいのは口だけですか?”
と挑発するので
敦孝は引っ込みがつかなくなる。


キスをして胸を触ると美鶴は気持ちよさそうにする。


美鶴のこなれた様子から
敦孝は遠慮なくせめる。


美鶴の性器を口と手で愛撫すると美鶴はイってしまう。


敦孝は
“美鶴ちゃん来てから出来てない、だからたまってる”
と言って口で咥えるように差し出す。


美鶴が少し舐めただけで敦孝は果ててしまう。


美鶴は口で受け止める。


“大人しそうに見えて経験多いんだ?”
と聞くと
“前の親戚の家でこういうことしなきゃご飯とか…”
という。


敦孝が思わぬ告白にビビっていると
美鶴が
“続きを”
と迫ってくる。


挿入すると美鶴は痛そうにする。


“挿れられたのは指までだった”
というが動いてもいいという。


敦孝はゆっくりと動き出す。


美鶴も気持ちよくなるように胸にしゃぶりつく。


馴染むのを確認すると勢いを増していく。


美鶴がとろけた顔をするため
興奮して美鶴の中に出してしまう。






翌朝
美鶴は何事もなかったかのように挨拶をする。


敦孝は気恥ずかしくて顔を赤くしながら出勤する。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「ノラネコ少女との暮らしかた」で検索です



ノラネコ少女との暮らしかた 2話のネタバレ

敦孝は美鶴の着替えがほぼ無いことに気付き、
一緒に買い物に行こうと提案する。


スマホや布団も買ってあげる。


美鶴が試着室に入ると
偶然いたクラスメイトが美鶴に気付く。


男連れで美鶴に声をかけようとしていたため、
美鶴はそれを嫌がり靴を部屋の中にしまい強引に敦孝をなかにいれる。


個室の前には男物のクツしかないため、
女は見間違いだと思う。


女は男を隣の個室に連れ込んでフェラをしだす。


挿入までしており声が聞こえてくる。


他の客がその声を聞きつけてドン引いている。


店員が声をかけに来たため
男と女は慌てて外に出ていく。


敦孝が
“最近のガキは…”
と呆れていると
美鶴は顔を真っ赤にしていた。


敦孝が美鶴を抱き寄せると
嫌がって見せるが気持ちよさそうな声をあげる。


敦孝が美鶴のスカートをたくし上げると穿いていなかった。


美鶴は
“替えが無かった”
と恥ずかしそうにする。


スカートを脱がせて胸も触りだす。


人がすぐ近くを通るため美鶴は手で口を押える。


敦孝は後ろから挿入すると
小刻みに腰を動かす。


敦孝は挿入部分を鏡に写して美鶴に見せつける。


美鶴は身体を支えきれず床に倒れこむと、
敦孝はそのまま膣内で果てる。


⇒無料で「ノラネコ少女との暮らしかた」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






ノラネコ少女との暮らしかた 3話のネタバレ

美鶴は外でされたことには怒っていた。


敦孝は布団が届いたため
部屋に閉じこもっている美鶴を呼び出す。


“誰にも頼らず生きていけるようになるまではあれくらい平気にならないと”
と部屋から出てくる。


荷物の整理をするために押し入れを開けると、
大量の荷物が雪崩れてくる。


中にはエロDVDやテンガがあった。


“ニャンニャンしよ”
というタイトルのDVDがあったため
“望み通りにしてあげてこっちも利を得よう”
と思い猫撫で声で敦孝を誘惑する。


敦孝はすぐに乗ってくるため
“チョロい”
と思い身をゆだねる。


敦孝が美鶴のお尻と性器を触ると気持ちよさそうに声を出す。


布団に寄りかからせて仰向けにして
胸にすいついて下もぬがせる。


充分に濡らせると挿入する。


正常位のまま動いてキスすると
美鶴はトロけた表情になる。


抜けないように体位をバックに変える。


後から突きながら胸を弄ると美鶴はイきそうになる。


敦孝は膣内に出してそのまま美鶴を後ろから抱きしめる。


美鶴は敦孝の腕を抱きしめようとするが、
ちょうど布団が届く。


敦孝の布団が汚れてしまったのと新しい布団が届いたのとで、
美鶴は新しい布団で一緒に寝ようという。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「ノラネコ少女との暮らしかた」で検索です



ノラネコ少女との暮らしかた 4話のネタバレ

敦孝は会社で貰った入浴剤を美鶴にプレゼントする。


美鶴は早速風呂で使ってみる。


敦孝は美鶴が風呂に入っている間に料理をしようとするが、
ガスが止まってしまう。


風呂から美鶴が冷水に驚く声が聞こえる。


ガスが止まってしまったことを説明して、
“お湯これだけか…”
といって敦孝も風呂に入る。


二人で一緒に小さい浴槽に入ると、
美鶴は恥ずかしそうにしている。


敦孝は
“もう色々やってるし見てるのに”
と思うが
美鶴は
“明るい所で二人とも裸で…”
と思っていた。


敦孝は美鶴の身体を弄りだす。


美鶴はお尻に敦孝のモノが当たっているのを感じる。


敦孝はシャワージェルを使って美鶴の胸を揉みしだく。


ヌルヌルになり美鶴は気持ちよさそうにする。


敦孝は右手で乳首をせめて
左手で下腹部をせめる。


美鶴は
“ダメぇ”
といいながらイってしまう。


敦孝は風呂の中で美鶴の腰を浮かせて挿入する。


後からだと抜けてしまうため
正面から向き合い抱っこの状態にする。


敦孝は美鶴を抱き寄せて少しずつ動く。


美鶴はイく表情を見られるのが恥ずかしそうにしながらイッてしまい、
敦孝も膣内で果てる。


風呂から上がると美鶴は猫のように丸くなって布団で寝ている。


⇒無料で「ノラネコ少女との暮らしかた」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!






ノラネコ少女との暮らしかた 5話のネタバレ

敦孝は仕事中に美鶴のことを考える。


“なんでウチに来たんだろ?”

“なんでいつも俺のされるがままに…”

“あの子の世界には俺以外もある”

とモヤモヤしている。


定時になると上司の誘いを無視してすぐに帰る。


早足で家に帰ると
部屋にいる美鶴を見て安心する。


晩御飯の準備に買い物に行こうとするが
敦孝は仕事中に抱いた不安から美鶴を抱き寄せてキスをする。


美鶴は驚くがすぐに敦孝を受け入れる。


制服を着たままの美鶴のボタンを外してブラジャーをずらして乳首に吸い付く。


スカートはそのままでパンツを剥ぎ取る。


されるがままの美鶴に敦孝は
“嫌じゃないの?”
と聞いてみると
“常識の範囲内でなら何をしても…”
というのですぐに挿入する。


お互い服を着たままだった。


正常位のまま同時にイくが、
敦孝はそのまま2回戦を始める。


美鶴は驚いてすぐにイッてしまい、
敦孝はバックに体位を変えて激しく突く。


美鶴は何度もイってしまい失神する。


美鶴が気が付くと
敦孝が土下座で謝ってくる。


美鶴は特に気にしていなかった。


敦孝は反省して
“嫌だったら言ってくれればちゃんと聞く”
という。


⇒無料試し読みはこちら♪
※「ノラネコ少女との暮らしかた」で検索です



ノラネコ少女との暮らしかた の感想

美鶴の過去はそんなに悲惨ではなかった…?


親戚の家で性的虐待を受けていたようですが、
そういう行為を嫌がる素振りを見せていません。


敦孝の思ったようにドライなのか、
もしくは美鶴が性依存症なのでしょうか…


シングルマザーの元で育ったということもあり、
年上の男性に甘える行為に飢えているのかもしれません。


父親がいない家で育った女性は
ファザコン気味になると聞いたことがあります。


美鶴もそんな感じかもしれません。


美鶴はいつか出ていくような感じの思考ですが、
敦孝に対してどのような感情を持っているか謎ですね。


美鶴は
“独り立ちできるようになるまで利用するために身体を差し出す”
というドライな思考をしつつも、
敦孝とのセックスで快楽を得ています。


敦孝を好きになりかけているけど、
強がってそれを認めたがらないのかもしれません。


男で年上の敦孝が留まることを強く望めば美鶴は住み続けるかもです。


“野良猫を拾った”
ような状態の関係がどのように着地するのか楽しみですね!


⇒無料で「ノラネコ少女との暮らしかた」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!