神の乳母~異形に奪われた妻~
についてネタバレと感想を紹介します!

⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「神の乳母」で検索です



神の乳母~異形に奪われた妻~ とは?

作者 :達磨さん転んだ

エロ×ホラー!

ベビーシッターのバイトに来た人妻を待っていたのは…人間ではない「何か」だった!?

――若く美しい主婦・杉山百合恵(29)は夫と息子に恵まれ幸せな日々を過ごしていた。

そんなある日、同じマンションの住人がベビーシッターを募集していることを知った彼女は、少しでも家計の助けになればと引き受けてみることに。

しかし、その住人の部屋で彼女を待っていたのは…人間の赤子ではない「神様」と呼ばれる異形の存在だった。

恐怖で身動きのできない百合恵に迫る怪異…その醜い唇で乳首に食らいつき、男性器のような触手が百合恵の膣内を侵してゆく!!

耐え難いほどの恐怖と快楽で陵辱しつくされた彼女はもはや異形に逆らえず…それから毎日「神の乳母」として身体を捧げることに。

その悪夢のような日々の中、やがて百合恵は自分の身体を貪って成長してゆく異形に愛おしさを抱きはじめ…!?

「許してあなた…私の身体はもうこの子のものになってしまったの」

愛おしい妻が、怪異に身も心も奪われていく恐怖とエロス!!


神の乳母~異形に奪われた妻~ 1話のネタバレ
~「怖がらないで、その子は神様なんですから」妻は若く美しい身体を異形に貪られ…~

ユリエは夫と息子とアパート暮らしをしている。


上の部屋の神守という人物がベビーシッターを募集しているので、
働きたいと夫に相談すると快諾される。


ユウの学費のことを考えると少しでも蓄えはあったほうがよかった。


神守は最近引っ越してきて
上の階では何か這うような音がしていた。


ユリエたちは赤ちゃんのハイハイだと思い和んでいる。


翌日
ユリエが神守の部屋を訪れると女が出てくる。


女は葬式のような衣服を身に着けていた。


ユリエがベビーシッターの件で訪れたことを聞くとすぐに部屋に通す。


女はユリエが子持ちであることを聞くと
“じゃあ安心ね…”
とユリエの採用を決める。


ユリエはその日は夕方までなら働けるというと、
さっそく赤ちゃんと顔合わせとなる。


奥の和室の中央にベビーベッドが置いてあった。


部屋は薄暗く電気がついていない。


ユリエはベッドに近づいて覗き込む。


中にいるハズの赤ちゃんを見て凍り付いていた。


気味の悪い異形の化物がいて、
ユリエを見てほくそ笑む。


ユリエは
“人間じゃない”
と思い腰を抜かす。


先ほど女に振舞われたお茶に薬が入っていたようで、
身体が上手く動かない。


異形はズルズルとベッドから降りてくる。


ユリエは
“触らないで”
と泣きそうになるが
異形はユリエの身体によじ登ってくる。


女は
“貴女はその子の…神様のお気に召されたようね”
と嬉しそうにしている。


ユリエは怯えていると
女は
“お腹が空いているだけ”
という。


異形はユリエの胸に頭をこすりつけていた。


女が
“神様の乳母になって頂きたい”
というと
異形はユリエの胸を露わにして吸い付いてくる。


ユリエは身震いするほどの嫌悪感を抱いている。


異形は強く執拗にユリエの乳首を吸っている。


ユリエは
“離して、私はあなたの母親なんかじゃ…”
と泣きながら許しを請うが
異形はおかまいなしだった。


女は
“本当の親子みたいよ”
といって出かけてしまう。


ユリエは理解が追いつかずにされるがままだった。


ユリエは子供を産んでから数年経過しているため、
母乳は止まっていた。


異形はそれを認めないかのように
ユリエの乳首を吸い続けている。


ユリエは
“貪らないでそれはあなたのものじゃない”
というが
先ほど女に盛られた薬のせいか身体が熱くなってくる。


ユリエは異形が満足するまで耐えることしかできなかった。


しばらく耐えていると
お腹に妙な感触に気付く。


異形のへその緒らしきものが伸びてきていた。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「神の乳母」で検索です



神の乳母~異形に奪われた妻~ 2話のネタバレ
~「それ以上イかされたら壊れちゃう!」その触手は私の膣内を蹂躙し愛液を啜りました~

ユリエは異形のへその緒におぞましさを感じ引き離そうとする。


しかし身体が思うように動かず
そのまま仰向けに寝転んでしまう。


へその緒がグロテスクに変形して太い男性器のような形になる。


へその緒はユリエの下腹部へ向かって這っていく。


下着の上からユリエの下腹部をこすると
ユリエはおぞましさと快楽を同時に感じる。


へその緒は下着の下へ入ってくる。


ユリエは
“それだけは許して、おっぱいだけなら…”
と懇願する。


へその緒の先端が入口を探り当て
味見をするかのようにゆっくりと入ってくる。


ユリエは生涯をとおして夫にしか身体を許したことがなかった。


異形のへその緒はアッサリと侵入してくる。


それは夫のモノが届かない奥底まで侵入してくる。


子宮口を直接舐められるような未知の感覚に、
ユリエははしたない声を出してしまう。


ユリエは泣きながら恐怖と快楽を同時に感じている。


旦那と子供に謝りながらも
異形が激しく動かすへその緒で気持ちよくなっていた。


ユリエはとうとう絶頂に至ってしまう。


ユリエの子宮内からは白濁した濃い愛液が溢れ出る。


へその緒は母乳を求めるかのように愛液を啜っていた。


ユリエは異形の行動は
女性のその体液を欲していたためだと理解する。


ユリエはようやく解放されるかと思ったが、
異形が乳首を離す気配は無かった。


数時間後
ユリエは強制的に何度も絶頂させられて憔悴しきっていた。


異形はしつこく乳首を吸い続け、
へその緒を挿入し続けていた。


異形は数時間でユリエの身体を知り尽くしていた。


どうすれば効率的に愛液を分泌させられるのかを理解していた。


ユリエは
“もう許してください、なんでもしますから、神様…”
と口走ることで
自分がわけもわからない異形に屈してしまったことを実感する。


すぐ下の部屋の家族を想うことで精神を何とか保っていた。


女が外出から帰ってくると
“すっかり仲良しになったわね”
と満足そうにしている。


ユリエは解放を懇願すると
女は
“夕方までっていうお約束ですものね”
とって
異形を抱きかかえて寝かしつける。


女は
“毎日必ずいらしてくださいね、だって貴女は神様の乳母に選ばれたんですから。このお役目から逃げたら神様はきっと貴女も貴女の家族もお許しにならないわ”
という。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「神の乳母」で検索です



神の乳母~異形に奪われた妻~ 3話のネタバレ
~「ごめんね…ママのお腹この子に盗られちゃった」子宮の奥まで侵し尽くされた母~

ユリエは毎日ベビーシッターとして神守の部屋に訪れていた。


得体のしれない異形と女から
底知れない恐ろしさがあり逆らうことはできなかった。


異形は最初の時よりも一回り大きく育っていた。


異形の糧となっていることに
ユリエは吐き気を催すほどの嫌悪感を抱いていた。


異形はユリエの身体を知り尽くし、
迷う様子もなく乳首に吸い付いている。


どんなに吸っても母乳は出ないが
ユリエの声を無視して貪るように乳首に吸い付いていた。


異形に胸を汚されるのは不快でしかなかった。


嫌で気持ちが悪いのに
火照っていく体に自己嫌悪していた。


“そういう異能がこの異形には備わっている”
とユリエは思っていた。


異形が一層強く胸に吸い付くと
ユリエは情けなくも軽く達してしまう。


夫の愛撫ですらここまで感じたことはなかった。


夫と異形を比較してしまったことを悔いている。


ユリエの下腹部から情けない愛液が滲んでくると、
それを察した異形はへその緒を伸ばしていく。


ユリエは家族の顔を思い出し
これからされる凌辱に耐える覚悟をする。


四つん這いにされて
異形はユリエのお尻にしがみつく。


昆虫の交尾のような態勢に屈辱を感じていた。


異形はユリエの屈辱などお構いなしにへその緒で突いてくる。


異形の激しい腰使いにユリエは顔を赤らめて快楽を耐えている。


子宮まで達しそうになると
異形の侵入を阻むように必死に力を入れる。


“ここだけはダメ”
と耐えているが
異形は執拗に子宮口を愛撫してくる。


快感でほんの少し緩んだ隙に
異形は先端を突き入れることに成功する。


奥まで突かれてしまい
未知の快感にユリエの理性は吹っ飛んで獣のようなうめき声をあげてしまう。


ユリエは子宮の中をぐちょぐちょにされる快感に酔いしれていた。


“もっとして神様”
と異形におねだりをしてしまう。


ユリエは異形の相手をしているのが
恐怖や家族を守るためだけでないことに気付き始める。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「神の乳母」で検索です



神の乳母~異形に奪われた妻~ 4話のネタバレ
~「お願いあなた起きないで…っ」眠る夫の隣で異形に身体を捧げた人妻~

異形はユリエの体液を啜りドンドン大きくなっていく。


昼間のユリエは異形のための餌に成り下がっていた。


しかし
夜になれば介抱して母であり妻に戻っていた。


ある晩
旦那と寝ていると異形の這う音が聞こえてくる。


ユリエが窓の方を見ると異形が上の階から侵入してきていた。


異形は旦那の隣で寝ているユリエの姿を確認するとほくそ笑む。


恐怖で固まっているユリエの元にまっすぐと這いよってくる。


ユリエは抵抗して旦那にバレるのを恐れて、
自ら足を開いて異形を受け入れる。


“家族にだけは絶対知られたくない”
と必死だった。


“早く済ませて欲しい”
というユリエの思いとは裏腹に、
異形は味わうようにゆっくりとへその緒をユリエの身体に這わせている。


生殺しのような時間が続いていた。


ユリエは
“私がお願いするまで焦らしている?”
ということに気付く。


“私が屈服してこの子のモノだって認めるまで待ってる”
と屈辱を感じるが
ユリエの願いは
“早く終わらせてほしい”
から
“早く始めて欲しい”
に変わっていた。


“もっと気持ちよくしてください、私の身体全部アナタのモノですから”
と旦那が横にいるのに
異形に屈服しておねだりしてしまう。


異形はユリエの言葉を聞くと激しく突きだす。


ユリエは異形に突かれる快感と
旦那を裏切っている背徳感を愉しんでいた。


今までで一番の快感が訪れて大量の愛液が放出されていた。


ユリエは愛おしそうに異形の頭を撫でる。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「神の乳母」で検索です



神の乳母~異形に奪われた妻~ 5話のネタバレ
~「しょうのない子…もう少しだけよ」玄関越しに夫と会話しながらイかされて~

夫の隣で異形に犯されてから数日が過ぎていた。


異形はさらに成長を続けて人間の姿に近づいている。


そのせいもあり
ユリエは異形に対して恐怖を感じなくなり、
愛おしさを覚えるようになる。


異形が胸に吸い付いているため、
本当に母乳が出るように体が変化する。


ユリエは自分の身体が異形を我が子だと認めたのだと感じる。


授乳中にへその緒が伸びてくる。


ユリエは
“そっちでもお母さんが欲しいのね?”
と喜んで後ろから貫かれる。


その日は帰る時間になっても異形はユリエを離さなかった。


いつもなら異形も疲れて眠りにつく頃だった。


異形のへその緒はより一層元気になりユリエを激しく突いている。


その貪欲さに
ユリエは我が子の成長を見ているかのような愛おしさを感じる。


“あと少しだけ”
と玄関で突かれていると
チャイムが鳴り夫がユリエを迎えに来る。


ユリエは驚いてドア越しに夫に話しかけ平静を装おうとする。


異形は夫との会話に嫉妬したかのように
へその緒を激しく動かしてユリエを責める。


ユリエは夫にバレないように必死だった。


“赤ちゃんがぐずってて”
となんとか誤魔化している。


ユリエは心の中で
“もうこの子の方が…”
と異形とのセックスを楽しんでいた。


夫への罪悪感よりも
異形に愛される喜びの方がはるかに勝っていた。


ユリエはドア越しにいる夫の顔も、
下の部屋で待っているハズの息子の顔も思い出すことが出来なくなっていた。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「神の乳母」で検索です



神の乳母~異形に奪われた妻~ 6話のネタバレ
~「好きなだけママの中に出して」成長してオスとなった異形との生殖行為~

初めて異形と会ってから数か月後。


異形は成長して成人男性よりも大きな体になっていた。


身体の構造もほぼ人間と同じだった。


へその緒は
“男性器”
となり
しかるべき場所で勃起している。


ユリエは異形との
“初めての性交”
に心を躍らせて四つん這いで待っている。


異形はゆっくりと一番奥まで挿入する。


これまでのねぶるようなへその緒とは違い、
ユリエの膣を強引に押し広げて奥まで貫く。


異形は必死で腰を動かして
そのたびにユリエは気持ちよさそうに喘いでいる。


その動きは成長のために愛液をねだるものではなく、
オスとしてメスのユリエを征服するような交尾としての動きだった。


異形は
“ママ…”
と叫びながらユリエの中で果てる。


ユリエは夫以外の人間ですらない何かの精液を初めて受け入れる。


ユリエは果てたばかりの異形の顔を愛おしそうに撫でる。


実の息子に抱かれているような背徳感と幸福感を楽しんでいた。


“好きなだけママの中にだして”
というと異形は長い射精をやっと終える。


異形がモノを引き抜いて横たえると、
ユリエは口で奉仕を始める。


まだ残っていたため吸いだしてあげると、
異形は気持ちよさそうにすぐに元気になる。


気持ちい良さそうにしている異形を見たユリエは
“かわいい”
と思い
自分の大きな胸で異形のモノを挟んであげる。


異形のモノがビクビク行くのを感じ、
またイくのだと察して
“ママのおっぱいで好きに出して”
というと異形はユリエの口の中で果てる。


ユリエは一滴も零さないように吸い付いて飲み干す。


異形はまだまだ元気だった。


ユリエは
“逞しいままなのね、ステキ”
といって異形が満足するまで相手をする。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「神の乳母」で検索です



神の乳母~異形に奪われた妻~ 7話(結末)のネタバレ
~「私の大切な赤ちゃん…ちゃんと産んであげるから」そして妻は母になる~

ユリエは仰向けになり
正常位で異形を受け入れる。


ユリエは異形にディープキスをすると
異形も吸い付いてくる。


異形はユリエとキスしたまま腰を振る。


ユリエは
“すごい、逞しすぎてママ壊れちゃう”
と嬉しそうに喘いでいる。


“息子と子作りしちゃうダメなママのことやっつけて、もっとお仕置きして”
というと
それにこたえるように異形のモノはさらに硬くなる。


異形がユリエの中で果てると
ユリエは言葉にならないはしたない喘ぎ声をあげる。


“ごめんなさい、あなた、ユウくん…お母さんを許して”
と懺悔を叫びながら異形に注がれる快楽を楽しんでいる。


異形はユリエの中で長い射精をする。


ユリエは
“ユウくん、今度こそちゃんと産んであげるから…”
と思いながら延々と異形に犯されていた。


薄れゆく意識の中で
ユリエは異形の正体を理解したような気がしてくる。


目を覚ますと
異形の姿も女の姿もなかった。


ユリエは
“神の乳母”
の役割を終えたのだと悟る。


胎内には異形の存在を感じていた。


ユリエは妊娠する。


経過は良好で夫婦にとっては
“初めての子供”
となる。


かつて夫婦は流産を経験しており、
ユリエは息子が生まれ育っているという妄想にとり憑かれていた。


今回の妊娠でユリエは正常な精神を取り戻しつつあった。


しかし
夫はユリエの胎内で育つものが不気味な何かに思えるような不安を感じていた。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「神の乳母」で検索です



神の乳母~異形に奪われた妻~ の感想

醜い異形がしつこくユリエの乳首を吸い続けるところを想像すると興奮しました。


“何が何でも乳首を吸い続ける”
というのは
人間同士だと体の構造上どうしても無理があります。


異形ならではのプレイ内容ですね。


“乳首を吸い続けながら他の箇所も責める”
というのは素人ではなかなか難易度が高いです。


AV男優並みのテクでもない限りは難しいですね。


異形は赤ちゃんであるにもかかわらず、
その難行を容易くクリアしています。


ユリエのような大人しそうな人妻の乳首をしつこく吸い続ける異形が羨ましいです…





ユリエが少しずつ堕ちていく様子が背徳感があっていいです。


“人間じゃないからノーカン!”
的な思いもあるかもしれません。


表紙でユリエの表情が嫌悪ではなく愛おしそうにしているのが、
完全に堕ちてしまっているのが伺えます。


異形がどのように成長して
ユリエがどのように堕ちていくのか楽しみです!







オチはとんでもないブラックなモノでしたね。


妊娠は想像できましたが、
ユリエにそんな辛い過去があったとは…


生まれてくる子供を見てみたいような怖いような…


“ユウくん”
がどんな子なのか恐ろしいです。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「神の乳母」で検索です