秘密の痴漢指導~先生、これってセックスじゃないですか?
についてネタバレと感想を紹介します!

⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「秘密の痴漢指導」で検索です



秘密の痴漢指導~先生、これってセックスじゃないですか? とは?

出版社:モバイルメディアリサーチ
発売日:2015/9/18
作者 :ころすけ

「や…だめっ…せんせいっ…!」

満員電車でくちゅくちゅと漏れるエッチな汁と音――登校中、担任の先生に痴漢から助けてもらった紗江。

痴漢撃退のため、翌日からふたりで登校することになるも…

まさか、先生が激しい痴漢をしてくるなんて!?

「なんていやらしい乳房だ…これが狙われやすい原因なんだ」

痴漢指導と言いながら、乳首や秘部をネチネチと責められ続け、真っピンクのアソコはヌルヌルに濡れてくる…!

嫌なのに…身体が熱くなってきて…ついには、先生の硬くなったアレが入ってきちゃう…!


秘密の痴漢指導 1話のネタバレ

サエは通学の電車で痴漢に悩まされていた。


偶然乗り合わせた担任の下田が
痴漢に遭っているサエを助ける。


サエは大人しいタイプで
“できればこのことは内緒にしてほしい”
というので下田はサエに目を付ける。


下田は学校ではつまらない教師だった。


サエは今朝助けてくれたことで下田に痴漢の対策の相談をする。


下田は翌日一緒に投稿することを提案すると
サエは
“先生が一緒なら安心”
と微笑む。


翌日
下田とサエは一緒に電車に乗ろうとする際に、
下田は実戦の演習をするという。


サエはよくわかっていなかった。


サエが電車に乗ると
下田は痴漢の演技をしながらサエの身体に触ってくる。


サエが
“先生、本当に触って…”
と狼狽するが
下田は
“先生?誰だい?エッチなことは好きかな?お嬢さん”
と痴漢になりきっていた。


下田は慣れた手つきでサエのお尻や胸を鷲掴み、
スムーズにパンツの中に手を滑らせる。


サエは下田の手際の良さに抵抗できずにいた。


下腹部を直接弄られて気持ちよくなりすぐにイってしまう。


電車から降りると下田は演技をやめて
“ダメじゃないか、あんな反応じゃ痴漢の思うつぼだぞ”
と注意する。


サエは泣きそうになりながら
“怖いと声が…”
というので
下田は放課後に復習をする事を提案する。


放課後
下田はサエに体操服に着替えるように指示して、
生徒指導室に呼び出す。


“ストレッチを手伝う”
という名目で
サエの身体の具合を確かめながら、
サエが処女であることを確認する。


下田はサエの身体を触りながら
サエが痴漢に襲われやすい要因を説明していく。


体格の割に大きい胸を指摘して
サエの胸を露わにして揉みしだく。


お尻と性器にも触れてぐりぐり押すとサエは気持ちよくなってしまい抵抗する。


下田はパンツごとブルマを脱がせて
指を突っ込むとサエはすぐにイってしまう。


下田は
“これじゃ先が思いやられる”
と敏感なサエの身体を指摘する。


サエは指を入れられたときに潮を吹いてしまっため、
恥ずかしくて謝ることしかできない。





翌日
下田の指示でサエはノーブラで丈の短いスカートで電車に乗る。


男性客たちはサエの恰好が気になっていた。


下田の意図は
“痴漢が逃げる女になること”
だった。


“露出の多いギャルは痴漢は狙わない”

“痴漢されたら静かに睨みつければ退散する”

とアドバイスをしていた。


痴漢たちはサエの恰好を見て狙いを定めていた。


電車の揺れに合わせてさり気なく体に触ってくる。


サエは下田に言われた通りに睨みつけると
痴漢は驚いて去っていく。


痴漢を撃退できたことで
サエは下田の言ったことを信じる。


電車から降りると
下田は指示通りにできたサエを褒める。


サエも
“先生のおかげ”
と喜んでいる。


下田はトイレに行っていつもの恰好に着替えるように指示する。


サエがトイレの個室で着替えていると
下田が強引に個室に入ってくる。


“痴漢は必ずしも電車の中にだけ現れるものじゃない”
と滅茶苦茶なことを言い出し
“次の課題”
といって裸のサエの胸を後ろから揉みしだく。


下田は先ほどのように睨みつけるように指示すると
サエは言うとおりにしたのに下田はサエの乳首を強く抓る。


サエは
“話が違います”
というが
“わかってないな”
と下田はほくそ笑む。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「秘密の痴漢指導」で検索です



秘密の痴漢指導 2話のネタバレ

下田は痴漢の演技を再開する。


後から指を性器に突っ込んでいやらしい言葉を投げかける。


下田はサエに自分のモノを見せつけて
手でしごくように強要する。


サエがしごいている間も
下田は背後からサエの胸を揉みしだいている。


サエは雰囲気にのまれていく。


下田はサエのパンツを脱がそうとすると
サエは
“ちゃんと撃退しなきゃ”
と思い抵抗する。


下田はサエに挿入しようとするが
寸前でサエが
“やめて”
と大きい声を出すので焦って
“合格だ”
と誤魔化して中断する。


サエは下田に不信感を抱くようになる。


“あのまま声を出さなかったらどうなっていたんだろう”
と下田にこれ以上の指導はいらないということを決める。


昼休みに職員室に行ってその話をすると
下田はアッサリと引き下がる。


サエは拍子抜けするが
下田は本当は諦めていなかった。


帰りの電車でサエは居眠りしてしまう。


気が付くと車内には誰もおらず
すぐ隣には下田がいて
“最後の実演”
と身体を触ってくる。


下田は酒臭かった。


シートにサエを押し倒してのしかかってくる。


サエの胸を露わにして乳首に吸い付くと、
サエは身体が熱くなるのを感じる。


下田は
“気持ちいだろ、もっとしてやる”
と痴漢になり切り責めてくる。


サエは気持ち悪がって逃げようとするが
四つん這いになったところを捕まってしまう。


下田は強引にキスをしてきて
サエのパンツを脱がす。


下田は自分のモノをサエの性器にこすりつける。


“これも経験だ”
といって後ろから挿入するとサエは初めてなので痛がる。


サエは四つん這いで泣きながら後ろから激しく突かれる。


下田は
“もっと奥まで入れて欲しくはないか?”
と勝手なことを言って腰を振る。


背後から胸も揉みしだかれ
サエは泣きながらも気持ちよくなる。


正常位に変えて
サエをシートに座らせて正面から突く。


“大人になるためのステップさ”
といってサエの顔を舌で舐めるとサエは気持ち悪くて泣きそうになる。


次第にサエは痛かったはずが気持ちよくなっているのに気づく。


そのせいで締め付けが強くなり
下田はサエの中に大量に出してしまう。


下田は満足して
“これで痴漢のことはマスターできただろ”
といって帰っていく。


サエは処女を失ったショックで呆然としていた。


翌日
サエは学校を休んでいた。


自室に引き籠っていると母が心配して夕飯を持ってくる。


サエは
“お母さんになんて言おう”
と悩んでいた。


誰か来たため母は玄関に行く。


やってきたのは下田で
欠席しているサエを心配だといって部屋に入ってくる。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「秘密の痴漢指導」で検索です



秘密の痴漢指導 3話のネタバレ

サエは泣きながら下田にされたことを母に言おうとするが、
下田は咄嗟に母にそれらしい嘘をつき部屋の外に出てもらう。


サエは
“先生とは話したくない”
と怒って怯えている。


下田は
“あの時のことを謝りに来た”
とゆっくりと近づく。


“あれは一方的なセックスで本来心を通わせるもの”
といってサエの胸を触りだす。


サエは怯えながら
“このままだとまた昨日みたいに…”
と思い突き放そうとするが
下田は強引に顔を近づけてくる。


いつの間にか胸を露わにされており
乳首を弄られると固くなってくる。


サエはディープキスされてトロけた表情をする。


下田は大きくなった自分のモノをサエに触らせてしごかせる。


下田は
“安心しなさい今日はちゃんとコンドームつけるから”
と装着する。


後から一気に挿入してキスをされると
サエは泣きながらも気持ちよくなる。


母親がお菓子と飲み物を持ってくるので、
二人は慌てふためく。


サエは母に気付かれるのを恐れてシャツを羽織ってドアを開ける。


“今なら先生のこといえる、助けてくれるかも、言わなきゃ”
と思うが
下田が背後から立ったまま挿入してくる。


サエは驚いて声が出ないように耐えることしかできない。


下田はサエに挿入して腰を振りながら母に対応して、
何食わぬ顔でお菓子を受け取る。


母が出ていくとサエを激しく後ろから突く。


サエはイってしまい
下田は
“次はもっと気持ちい事してやる”
という。





下田は帰り道の電車の中で
サエが完全に自分に屈服したと確信する。


サエのことを思い出して興奮して隣の女に痴漢しようと思うが、
別の場所で女が痴漢ともめごとを起こしていた。


女は下田のクラスの生徒のコトミだった。


不良で普段から問題行動が多いタイプだった。


コトミは男を痴漢扱いしていたが
痴漢30年の下田から見ると男が無罪なのは明白だった。


おかしいと思ってコトミと男の後をつけると、
コトミは警察を呼ばない代わりに金を要求していた。


男は仕方なくコトミに金を払って去っていく。


下田はカツアゲをしていたコトミに唖然とする。


“自分のシマを荒らされた”
ことに怒りを露わにして制裁を決意する。


“本物の痴漢の怖さを思い知らせてやる”
と思いコトミが電車で一人になるのをじっくりと待つ。


コトミの背後に行き
お尻に触るとコトミは驚いて手を振り払う。


下田は昨日の男をカツアゲしている画像を見せつけて、
大人しくするように脅す。


コトミは
“本当に痴漢に遭うなんて”
と怯えて泣きそうだった。


下田は慣れた手つきでブラジャーのホックを外し、
コトミの胸を露わにして揉みしだく。


下腹部に触れるとコトミは泣きながら
“そこはだめ”
と思うが下田は
“ここからが本番だ”
とほくそ笑む。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「秘密の痴漢指導」で検索です



秘密の痴漢指導 4話のネタバレ

コトミは周りに助けを求めようと見渡すが、
コトミが半裸なのにもかかわらず他の男性客は知らん顔だった。


コトミは本当は大人しい優等生だった。


しかし
親に対する鬱憤が爆発して
高校ではギャルデビューしていた。


下田に胸と性器を弄られて怯えて泣いている。


下田が自分のモノを出すと
恐怖で大声を出そうとするが止められてしまう。


コトミはあっという間に後ろから挿入されて処女を失う。


絶望で眼の光が消えて涙があふれてくる。


下田は挿入した瞬間に処女だと確信して、
気分が良くなり立ちバックで激しく動起きだす。


トンネルに入り窓に映った様子で
コトミは自分を犯しているのが下田だと気付く。


コトミは
“こんな奴に、信じられない”
と思い
近くにいた男に助けを求める。


男は
“下田さん、もっとうまくやんなきゃ”
とほくそ笑んでコトミを抑えるのに協力する。


コトミは他の客に助けを求めるが
その車両にいたのは全員下田の痴漢友達だった。


彼らは普段から連携して死角を作ったりして痴漢をしていた。


他の男たちも参加してコトミは身体を弄ばれる。


乳首や下腹部を弄られて
コトミは潮を吹いて気持ちよくなってしまう。


男たちは興奮してより一層激しくコトミを責めてくる。


強引にフェラもされて口の中で出されてしまう。


コトミは
“先生お願いこんなことやめて、絶対におかしいよ”
と下田に許しを懇願するが
下田は
“俺は教師である前に痴漢なんだよ”
と容赦なく膣内射精される。


コトミは下田のモノが自分の膣内で脈打つのを感じて、
中に出されたことに気付く。


絶望しすぎて
“これは悪い夢だ”
と思い他の男にも何度も膣内射精される。


終点につくと男たちは満足して金を置いて帰っていった。


コトミは呆然としている。


誰かが写真を撮って去っていくのを発見する。


翌日
下田らしき男が電車内で女子高生を犯した直後らしき写真が出回っていた。


下田はコトミの仲間があの場にいたと思うが、
コトミは欠席していたため確かめることができなかった。


同僚や生徒たちには逆ギレして誤魔化していた。


コトミは学校に行くことも家に帰ることもできず、
公園で途方に暮れていた。


下田はコトミに電話をして話を聞くためにホテルに呼び出す。


コトミは仕方なく行くしかなかった。


下田はコトミに
“お前があの写真を誰かに撮らせたのか?”
と激怒して迫るが
コトミは知らないという。


下田は怒った勢いで
スクール水着に着替えるように指示する。


コトミは嫌がるが
“悪事をバラされたいのか”
と脅される。


コトミが着替えると
下田は気をよくして強引にキスをする。


コトミは加齢臭と口臭を嫌がるが
ベッドに押し倒されて体を弄ばれる。


下田は水着越しにコトミの硬くなった乳首を舐めまわす。


下腹部も好き放題舐められて、
気色悪さに鳥肌がたつ。


しかし
しつこく舐められるうちに身体がしびれてきてイってしまう。


下田は挿入しようとするが
コトミは
“それはもう嫌”
という。


“だったら写真を撮った奴のことを教えろ”
というので
コトミはその時のことを思い出すと、
その生徒は生徒会長のアオイだと気付く。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「秘密の痴漢指導」で検索です



秘密の痴漢指導 5話のネタバレ

下田は
“時間切れだ”
といって挿入する。


コトミは
“抜いて”
というが
下田に激しく動かされ喘いでいる。


下田は体位を変えてガンガン突く。


最後はバックで奥に中だしする。


下田は
“明日はちゃんと学校へ来い”
といって帰っていく。


コトミは途中から気持ちよくなってしまったことに気付く。


翌日
コトミはアオイに会いに行く。


アオイは写真を撮ったときに助けることができなかったことを謝罪する。


コトミが
“写真を消してほしい”
というと
アオイはコトミが誰かに脅されていることに気付く。


アオイが
“一緒に戦いましょう”
というのでコトミは
“この人すごくいい人”
と思う。


部屋の外で下田は一部始終を聞いていた。


アオイはダンス部で夜遅くまで一人で練習していた。


更衣室で着替えていると下田がやってくる。


下田は写真を消すように要求するがアオイは屈しなかった。


下田は
“お前がしたことも良くない行為だ、指導が必要”
といってアオイの脇を舐めてくる。


アオイはブラジャーを剥ぎ取られて真っ青になり必死で抵抗する。


警察に通報することを示唆するが
下田は怯まずにアオイに襲い掛かり押し倒す。


脇を舐められてアオイは恥ずかしくて泣きだす。


下田はコトミがカツアゲをしていたことを打ち明けて
“やめさせるにはああするしかなかった”
という。


“あいつを擁護したお前も同罪”
といってアオイの乳首にしゃぶりつく。


アオイは
“誰にも触られたことないのに”
と絶望していた。


アオイは警察官の父を尊敬しており、
自身も正義感が強かった。


自分に厳しくするため恋愛も制限していた。


好きな男に彼女が出来て少しへこんだことで、
自分も本当は普通の女の子なのだと思い知っていた。


下田に身体を弄られて
“なんでこんな目に遭わなきゃいけないの?”
と理不尽さを感じていたが、
性器を執拗に舐められて気持ちよくなってきてしまう。


下田はモノを取り出して強引に挿入する。


アオイの処女は呆気なく下田に奪われてしまう。


アオイは痛がって絶望していると、
下田はアオイが処女だと知り興奮して激しく動く。


アオイは
“許せない、誰か助けて”
と思っていると
警備員が巡回にやってくる。


下田は慌ててアオイの口を塞ぐ。


アオイは助けを求めようとするが
下田は
“見つかればお互い今後がなくなる、お前が築いた評判も何もかも”
とアオイを脅す。


アオイが声を出さないと確信すると
下田は隠れながらもアオイの身体を責めて楽しみだす。


次第に激しく突きだすので
アオイは自分で自分の口を押えて耐えている。


警備員が去っていくと
下田は
“邪魔者もいなくなった”
と存分に激しく腰を振る。


下田は
“指導の印”
といって膣内射精する。


アオイは
“今のってまさか…”
と中に出されたことに気付く。


下田は
“清純な生徒会長のままでいたいなら内緒にしておくんだな”
といって帰っていく。


数日後
サエが登校してくるのを射て下田はほくそ笑む。


サエは下田を避けていた。


下田はサエに彼氏ができた事を知り、
嫉妬で怒り狂う。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「秘密の痴漢指導」で検索です



秘密の痴漢指導 6話のネタバレ

下田はサエと彼氏の佐伯を付けて行くと電車に乗り込んでいく。


同じ車両に乗り込み偶然を装い話しかける。


話しかけている間も
佐伯に気付かれないようにサエの尻を触っていた。


サエは佐伯に気付かれたくないため我慢している。


佐伯がサエを抱き寄せるため、
下田はサエの身体に触れなくなる。


下田は会話中にサエのスカートをたくし上げ、
自分のモノを取り出しこすりつける。


サエは
“こんなの佐伯くんに気付かれたら”
と思い気付かれないように大人しくしている。


下田は嫉妬心からエスカレートしていき、
サエのパンツを下ろし素股を始める。


サエは自分の性器がこすれて気持ちよくなってしまうが、
佐伯に気付かれないように必死に耐えている。


下田は
“サエの身体は自分を求めている”
と確信する。


サエと佐伯が駅で降りる直前に
下田はサエのパンツに射精する。


下田は何食わぬ顔で二人に別れを告げる。


サエは佐伯に気付かれないようにトイレに行って下着を脱ぐ。


擦られて気持ちよかったのを思い出し
下田のことを想ってオナニーでイってしまう。


サエは佐伯を待たせていることを思い出し、
慌てて戻っていく。


翌日
サエと佐伯はデートで待ち合わせる。


佐伯はサエの私腹を見て可愛いと思う。


デートの終わりに
佐伯はサエにキスをすると、
サエはディープキスで返してくる。


佐伯は
“今日は両親がいない”
と家に誘う。


サエを自室のベッドに押し倒すと
サエは
“いいよ”
と受け入れる。


佐伯は興奮しすぎてがっついてしまい、
サエは苦しがる。


サエは自分で服を脱ぐというので気まずくなるが、
サエの巨乳を見ると我慢できずにいしゃぶりつく。


佐伯がサキの性器を舐めると
サキは下田の時と全然違い胸が高鳴るのを感じていた。


挿入しようと佐伯はコンドームをつけようとするが、
破いて使えなくなってしまう。


佐伯が落ち込んでいると
サエは
“ゴムなくてもいい”
という。


佐伯はすぐに気を持ち返してサエに挿入すると、
サエも気持ちい良さそうにする。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「秘密の痴漢指導」で検索です



秘密の痴漢指導 の感想

大人しいサエが可哀そうで可愛くてよかったです!


こんな子がいたら
確かに痴漢の標的にされてしまいますね…


下田の卑劣で巧みな話術も見どころでした。


挿入までして下田に犯された次の日に
サエはショックで部屋に引き籠ります。


下田が訪れてきた時に
レイプ目で涙を浮かべながら必死に抵抗する姿が健気で可愛いです。


下田もただ無理やり犯すのではなく
たくみに話しかけながらサエご誤魔化しています。


その様子はまるで
素人モノAVで女優を巧みに騙して生挿入して中出してしまう男優のようでした。


怯えるサエの表情が凄く可愛くてソソられます!


サエに拒絶されても屁理屈こね回して身体を弄りまくる下田のいやらしさが、
清々しいほど下衆でした。






コトミの集団レイプシーンもよかったです。


コトミは周りの男に助けを求めますが、
周りは全員が下田の仲間だと知ったときの絶望は計り知れなかったと思います。


最後は期待通りのレイプ目でした。


ギャルが実は処女だったというギャップからのレイプ目の流れは素晴らしいです!






サエは佐伯と結ばれますが、
やはり下田が黙ってないですよね。


下田がどんな卑劣な手でサエを佐伯と別れさせるのか楽しみです!


佐伯がサエが非処女であることに気付いた時のリアクションも見どころとなりそうです。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「秘密の痴漢指導」で検索です