妖怪ウェッチ のシリーズについて
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


⇒無料で「妖怪ウェッチ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「妖怪ウェッチ」で検索です



妖怪ウェッチ とは?

出版社:青林堂ビジュアル
発売日:2015/3/13
作者 :オレンジピールズ

日常にあふれるエッチな事は、全て妖怪のしわざだった?

人間を食べるといわれ、村人たちに追われていた巨乳で美人な女人魚。

妖怪と友達になりたかった少年は、その人魚をかくまう事に。

しかし徐々に弱っていく彼女を救うためには人間の精が必要で…。


妖怪ウェッチ のネタバレ

少年は人魚を洞窟に匿っていた。


大人たちは
“めんこい面して男を騙しては攫って食ってしまう”
と人魚を警戒している。


少年は匿っている洞窟に行くと
人魚は
“あなたのおかげで助かりました”
とお礼を言う。


少年は人魚の胸に釘付けだった。


人魚は弱っていると言って
少年に
“あなたの精を分けてもらえませんか?”
と迫ってくる。


少年は狼狽しているが
人魚は
“わかるでしょう?”
と微笑みながら大きな胸を少年の股間に押し付けてくる。


少年は未経験のため緊張して立ちつくすしかできない。


服の上から少し擦られただけでイってしまう。


人魚は
“もったいない。次はきちんとこちらに出してくださいますね”
と下半身の一部を人間化して少年に挿入を促す。


人魚の両足はまだつながったままで浅い挿入になるが、
少年は気持ちよくてすぐにイってしまう。


人魚は少年を抱きしめて中に出された精を味わっている。


人魚の足が完全に人間になると
人魚は
“もっと精をくれませんか?”
と誘惑する。


少年はイったばかりだがすぐに回復して挿入する。


足が完全に人間になったことにより
人魚はおもいきり開脚して少年のモノを奥まで受け入れる。


先ほどの浅い結合よりも強い快楽を感じ、
少年に突かれて人魚は気持ちよさそうにヨガって中出しを要求する。


少年はまたすぐにイッてしまうが、
人魚の乱れる姿に興奮してすぐに復活する。


人魚も少年の精を取り込むことに夢中になり、
少年がイってはすぐに回復させて何回も中出しをさせる。


人魚が膣内にいっぱい少年の精を受け入れると、
少年も限界が来て小さくしぼんでいく。


人魚が引き抜くと
沢山溢れてきて
“おかげで赤ちゃんも元気になったわ…”
と満足そうにしている。


少年はぐったりとしているが、
人魚は
“次はこの子たちの栄養になってちょうだい。私赤ちゃん産むのはじめてなのよね…”
という。


人魚の下腹部でメリメリと音を立てて何かが生えてくる。


少年は怖くなり逃げようとするが
疲れ果てていたため這うことしかできない。


人魚はすぐに捕まえて
“すぐに済ませてあげるから我慢してね~”
と楽しそうに後ろから無理やり挿入する。


少年は痛がり泣き叫ぶが
人魚は先ほどとは違った快楽を楽しんで腰を振っている。


人魚は卵が産まれるのに快楽を感じて、
出産の快感も楽しんでいる。


少年が苦しんでいるのをお構いなしで、
人魚は卵を沢山産んでイッて疲れ果てて倒れる。


洞窟の近くの海にはたくさんの人魚が住むようになる。


⇒無料で「妖怪ウェッチ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「妖怪ウェッチ」で検索です



妖怪ウェッチぺろぺろ とは?

出版社:青林堂ビジュアル
発売日:2016/4/26
作者 :オレンジピールズ

実験施設に捕われた「妖怪あかなめ」の子どもたちは、日頃縛り付けられている恨みを晴らすべく研究員の女性を性的にイジメては動画投稿サイトにアップロードしていた!

お返しと言わんばかりに拘束された女性研究員の恥部を責める長い舌!

その舌技に悶絶し、メスと化した女性研究員は遂に自分から求めだしてしまう…!

とってもエッチなフルカラー妖怪奇譚「妖怪ウェッチ」第二弾!


妖怪ウェッチぺろぺろ のネタバレ

研修中のサクラは研究所で迷ってしまう。


小さい子供に
“お姉さん何してるの?”
と話しかけられてお菓子を食べようと誘われる。


サクラは疑うことなくついていき
淹れてもらったコーヒーを飲むと気を失ってしまう。


サクラが目を覚ますと裸にされて、
足は開脚されて固定され手も鎖でつながれていた。


子供三人がいて
“我慢大会が始まりま~す”
と楽しそうにしている。


サクラは意識がはっきりすると慌てふためく。


サクラは
“こんなことして、あとでお父さんお母さんに怒られるわよ”
というが
子供たちは
“僕たちたぶんお姉さんよりずっと年上だよ”
と悪びれる様子はない。


“3人がイく前にお姉さんが我慢できなくなったらお姉さんの負け”
と言われるが
サクラは意味が解らず子供たちを睨んでいる。


子供たちはお構いなしで脱ぎ出すが
サクラが怒鳴っているためゲームスタートにする。


異様に長い舌をだし、
怯えているサクラの身体を責めだす。


足の裏をくすぐると
サクラは笑いながら暴れる。


その様子を動画に撮影されていた。


サクラは屈辱と怒りで涙を浮かべているが、
“いいかげんにしなさい”
と怒鳴っている。


“元気なうちにしごいておかないと後悔するよ”
と言われ、
長い舌で責められて濡れていく様子を撮影される。


サクラはカメラに向けて潮を吹いてしまう。


顔を撮影すると
サクラは泣きながら絶望していた。


手でしごいておくことを要求するが
サクラは従わず無言で睨んでくる。


子供たちは
“本気”
を出すと言って
長い舌をサクラの膣内に挿入してくる。


サクラはすぐにイってしまい大きな声で喘いでいる。


子供たちは
“すごい、でもまだまだ”
と責めながらサクラがヨガる姿を楽しそうに撮影している。


サクラは
“しごくからやめて”
と負けを認めてしまう。


ぐったりとしているサクラの拘束を解き、
四つん這いにさせる。


子供たちはモノを取り出し
サクラの性器を軽くこするだけでサクラは感じてしまう。


“延長戦スタート”
という掛け声を合図に後から挿入される。


サクラは子供がイく前に先にイッてしまい
“また負けちゃったね”
と言われる。


子供はサクラのお尻にぶっかけるとスッキリした様子で満足する。


残りの二人は次はどんなゲームにするか楽しそうに話し合っている。


⇒無料で「妖怪ウェッチ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「妖怪ウェッチ」で検索です



妖怪ウェッチわんわんとぺろぺろ とは?

出版社:青林堂ビジュアル
発売日:2016/9/19
作者 :オレンジピールズ

「そこくにくにくりくりしちゃだめぇ・・・」

「ほう、ここがいいんじゃなモモタロウのくせに」

「ああ、もれちゃうよぉ…」

「小童が、鬼に金棒を弄られてこんなに漏らしてしまうとは、なぁ?」

モモタロウ(美青年)が美人鬼(♀)や可愛い犬(メス)にガンガンぺろぺろじゅぷじゅぷズポズポされちゃうお話!


妖怪ウェッチわんわんとぺろぺろ のネタバレ

モモタロウは鬼ヶ島に乗り込んで鬼と対面するが、
いつの間にか家来たちはやられていた。


サルが裏切った様子で、
モモタロウもサルの吹き矢で気絶してしまう。


モモタロウが目を覚ますと立った状態で壁に拘束されていた。


鬼は
“特別に相手してやる”
と楽しそうにしている。


モモタロウを裸にすると、
女だと思っていたが美少年だった。


鬼はモモタロウのモノをつまんで
“小ぶりだがイチモツだな”
と男であることを確認する。


鬼が自分の胸を見せつけると
モモタロウは興奮して大きくしてしまう。


モモタロウは恥ずかしくて涙を浮かべて顔をそむける。


鬼は楽しそうにモモタロウのモノを弄っていると、
モモタロウはイきそうになってしまう。


鬼は
“いい歳してもらすのは情けない”
と挑発しながら激しくしごくと
モモタロウはアッサリとイってしまう。


鬼は
“仕置き”
といって
モモタロウの目の前で拘束されているサルを溶岩に落とす。


鬼は
“もう一度機会をやる”
といって鬼に洗脳された犬を連れてくる。


我慢出来たらキジは助けると約束する。


モモタロウの前にイヌがやってくると、
モモタロウは
“無事だった”
と安心するが鬼によると既に洗脳済みだという。


鬼は
“まぐわって見せろ、漏らさずにワシが満足したらお主の勝ち”
という。


鬼はイヌに
“普段はどうやってる?”
と聞くと
イヌは
“いつもはお口で舐めてさしあげる”
と誇らしそうに応える。


鬼が
“こりゃ性癖もひねくれる”
と呆れていると
モモタロウは恥ずかしそうにしている。


モモタロウはイヌにしゃぶられるのを想像して大きくしてしまう。


イヌがしゃぶりだすと
モモタロウはすぐにイきそうになってしまう。


“今度はキジさんが”
とキジの心配をするが
モモタロウがイく寸前に鬼がイヌを引き留める。


鬼は挿入が見たいと言って
イヌに尻を突きださせる。


イヌが
“ホントのエッチはお嫁さんとしかしちゃだめってモモ様が…”
というので
鬼は洗脳が弱いと思い
イヌを手でイかせた瞬間に強い洗脳電波を送る。


イく瞬間に洗脳をする事で
イヌの洗脳はより完璧なモノになる。


イヌのヨガっている様子を見て
モモタロウは心配しつつもガチガチに立たせている。


鬼は
“介抱したいなら手を貸してあげればいい”
とモモタロウの拘束をとく。


モモタロウはイヌを心配して歩み寄るが、
イヌは勢いよく立ち上がりモモタロウを押し倒し挿入しようとする。


モモタロウはキジを心配して
“イヌさん駄目だよ”
というが
イヌに手を抑えつけられてしまい抵抗できない。


イヌはモモタロウの初めての相手に慣れることに興奮しきっている。


イヌは徐々に腰を落としていきゆっくりと挿入する。


モモタロウは口とは違う快感を感じていた。


奥まで入ると鬼は満足そうに
“勝負を始めるとするかの”
という。


イヌが先にイけばモモタロウの勝だが、
イヌは大きな胸を揺らしながら激しく動いてくる。


イヌはモモタロウに中出しされることを想像して興奮しきっている。


モモタロウがイってしまうと
イヌは嬉しそうに膣圧を上げて全て吸い出そうとする。


モモタロウは泣きながら
“おねがいします、ゆるしてください”
と鬼に許しを請うが
鬼は
“約束は守らんとな”
とほくそ笑みながらボタンを押す。


怒りに震えたキジが強引に拘束を外し、
鬼に襲い掛かるがすぐに網で囚われてしまう。


イヌは狂ったように腰を振り続けている。


鬼はニヤつきながら
“イヌが壊れたら次はお前で遊んでやる”
という。


⇒無料で「妖怪ウェッチ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「妖怪ウェッチ」で検索です



妖怪ウェッチ の感想

カラーの技術が高すぎて素晴らしいです!


殆どのエロ漫画はパソコンでカラーをしているため、
ややベタ塗り感が出てしまいます。


この作品も100%手塗りではないと思いますが、
肝心なトコロは手塗りで色彩が繊細です。


人の表情や体の陰影の奥深さが非常に素晴らしく、
女キャラの髪のグラデーションも綺麗でソソられます。






大きな胸も非常にバランスが良く、
“大きいけど奇形”
というモノではありません。


ぷっくらとしている乳輪と、
かすかに勃起している乳首は即効で吸い付きたくなるデザインです。


大きくて形のいい胸と肩幅の華奢さのバランスで、
良い感じで女性らしさが出ています。





女キャラのアヘ顔も
読者が萎えないギリギリのラインを心得ています。


指圧のマッサージがギリギリ痛くないのが一番気持ちいいのと一緒で、
非常に素晴らしいギリギリのアヘ顔です。






男キャラが線の細い美少年なのと、
男も女も陰部は白塗りで毛を隠しているのでエロ漫画なのに清潔感もあります。


“液体でドロドロ…”
などの表現も控えめなので、
そういうのが苦手な方も安心してください。





特に拘りを感じるのは
“女性がいろんな姿勢の時の巨乳の揺れ方”
でした。


“実際に巨乳の人がすぐ近くにいてその人にいろんなポーズをとってもらって描いたのでは?”
と思うくらい胸が自然にたゆんでいました。


“美巨乳が大好き!”
な人には大満足の作品となるのは間違いないです。


⇒無料で「妖怪ウェッチ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「妖怪ウェッチ」で検索です