デスクの下で、愛をさけぶ について
無料で読む方法、あらすじとネタバレ、感想を紹介します!


⇒無料で「デスクの下で、愛をさけぶ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「デスクの下で、愛をさけぶ」で検索です



デスクの下で、愛をさけぶ~曖昧でイビツなふたり~ とは?

出版社:ソルマーレ編集部
発売日:2014/9/19
作者 :咲良将司

「あの頃、僕はデスクが壊れるくらい恋をした。」

社内で美人と有名だけど鉄仮面で超絶クールな四ノ宮さん。

そんな彼女と仲良くなるべく、同僚・新庄誠はデスクの下のわずかな隙間からイケナイ悪戯を始める。

「もっと!! もっといろんな四ノ宮さんが見たい!!!」

興味は欲望へと、欲望は愛情へと…。

世界の中心ではなくデスクの下で愛をさけぶ、曖昧でイビツな純愛ストーリー☆

(切なさ増し増し↑↑予想外の結末必見!!)


デスクの下で、愛をさけぶ 1話のネタバレ

新庄は会社の向かい側の席に座るアヤネが気になっていた。


アヤネが仕事中に裸足だと気付くと、
足でつついてイタズラしてみる。


イロイロ試すが無反応だった。


翌日
試しに自分の足を氷で冷やしてからアヤネの足に触れると、
アヤネは驚いた声を出す。


“もっと反応させてみたい”
と思いローションや羽毛を試すようになる。


そのうちアヤネの方からも足を絡めてくるようになるが、
実際に二人は会話を交わしてはいなかった。


新庄はアヤネのことが気になり、
家に帰ってはアヤネの妄想で自慰行為をしていた。


新庄のデスクの下での好意はエスカレートしていき、
自分がデスクの下に入り込みアヤネの足を舐めながら自慰行為をするまでになる。


新庄は興奮して精液をアヤネの足にかけてしまう。


アヤネは驚いた様子だった。


新庄は
“一線を越えてしまった”
と反省して席を変えてもらう。


新庄が一人で残業していると
誰もいないハズの向かいの席で物音がする。


驚いてデスクの下を見ると
向かい側から女性の下半身のみがでていた。


新庄はすぐにアヤネだと気付き、
しかもパンツを履いていなかった。


新庄はおもむろにアヤネの性器を舐めだすと、
アヤネは気持ちい良さそうな声を上げてイってしまう。


新庄は我慢できなくなりズボンを下す。


“いれますよ”
と断りを入れてからゆっくりと挿入する。


アヤネは声を押し殺していた。


新庄はゆっくりと腰を動かしながら

“僕のことどう思ってますか?”

“僕は好きです”

と叫んで中に出す。


“どうしても名前をよんで欲しくて…”
と新庄は言ってその日はネカフェに逃げるように避難する。


会社にいくと向かい側にアヤネが席を移動してくる。


アヤネは
“よろしく新庄クン”
と微笑む。


⇒無料で「デスクの下で、愛をさけぶ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「デスクの下で、愛をさけぶ」で検索です



デスクの下で、愛をさけぶ 2話のネタバレ

新庄とアヤネは机の下での交流を続けていた。


机のしたの区切りを無くしたことにより、
アヤネは大胆にも仕事中に新庄にフェラをしてきたいりする。


しかし
新庄の告白に対する返事はきけずにいた。


“もう一度告白した方がいいのかな?”
と悩んでいると
本社から転勤してきた白銀が女性社員の間で話題となっていた。


白銀はアヤネのことが気に入った様子だった。


新庄は嫉妬して机の下で足を延ばしてアヤネの下腹部をイタズラする。


アヤネは白銀との会話中にイってしまい気を失う。


白銀はアヤネを抱きかかえて休憩室に連れていく。


新庄は心配して後から見に行く。


白銀はアヤネを休憩室に置いて帰ってくる。


新庄がアヤネを心配していると
白銀は
“彼女は大丈夫だよ”
という。


新庄が休憩室にいくと
不安そうな顔をしたアヤネが急に抱き着いてくる。


新庄は
“告白の返事もいってないくせに…”
と引き離す。


アヤネは困ったような表情で
“体の関係あるし…”
というと
新庄は
“告白の答えは「身体だけの関係」”
と認識して開き直りアヤネを押し倒す。


アヤネの乳首に吸い付くと
アヤネは気持ちよさそうにする。


新庄はアヤネがパンツを履いていないことに気付き
“まさか白銀と…”
と思って強引に後ろから挿入する。


アヤネはすぐにイってしまうと
新庄は
“さっきイったのは俺?それともアイツ?”
と嫉妬して激しく突く。


アヤネはもう一度イって
新庄のモノを締め続ける。


新庄が中に出してアヤネにもたれかかると、
アヤネは新庄にキスをする。


⇒無料で「デスクの下で、愛をさけぶ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「デスクの下で、愛をさけぶ」で検索です



デスクの下で、愛をさけぶ 3話のネタバレ

白銀はアヤネが気を失っている間に、
パンツを盗んで性器を舐めてイタズラしていた。


翌日以降
白銀はアヤネにべったりと張り付いて仕事をする。


“この人を担当プロジェクトの助手にする”
と宣言すると
新庄は青ざめるが女性社員たちは羨ましがる。


白銀はアヤネの隣に移動してきたため、
新庄はアヤネと机下で交流ができなくなる。


ある晩
新庄が残業していると
アヤネが裸足で机に座っているのに気づく。


“誘ってる?”
と思いすぐにデスク下に行きアヤネの足にキスをする。


アヤネはすぐに応じてきて
足で新庄のモノをしごきだす。


新庄は机の下から下半身をアヤネの側に出して、
アヤネは座るように新庄に挿入する。


誰かが来たためアヤネは慌てて新庄の身体を服で隠す。


白銀が
“一人で残業させられない”
という。


新庄も慌てていたが
久々で気持ちよくて腰が動いてしまう。


アヤネは反応して気持ちよさそうにしていると、
白銀は突然アヤネにキスをする。


⇒無料で「デスクの下で、愛をさけぶ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「デスクの下で、愛をさけぶ」で検索です



デスクの下で、愛をさけぶ 4話のネタバレ

白銀は
“イヤだったら僕から離れて”
というが
アヤネは動ける状態ではなかった。


新庄はアヤネが白銀にキスをされて
締め付けが強くなるのを感じる。


白銀はアヤネの胸も弄りだす。


“離れないってことはOKだね”
といって再度キスをする。


アヤネはイッてしまい、
新庄も中で果ててしまう。


白銀は自分とのキスでアヤネがイったと勘違いして
“僕と付き合って下さい”
と告白する。


アヤネが困った表情をしていると
白銀は
“既に付き合ってる人がいるの?”
という。


アヤネは
“わかりました”
といって白銀に外で待っているようにいう。


翌日から
白銀とアヤネがつき合いだしたと話題になっていた。


新庄は
“自分とアヤネはなんだったんだ”
とうなだれる。


後輩のユイが慰めに来ると
“俺はあんな軽い女好きじゃないから”
と強がる。


アヤネはそれを聞いていた。


自宅の風呂で
“あんなに嫌われてたなんて”
とショックを受けるが
思い出しながら自慰行為にふける。


新庄でイくことができずに
白銀とのキスを思い出すとイきそうになる。


“今イっちゃうのはダメ”
と思いながらもイってしまう。


アヤネは新庄に気持ちがあるため
翌日に白銀を呼び出して
“付き合うとか無理です…”
という。


白銀は
“ゆっくりやろうと思ってたけど今から始めよう”
とほくそ笑む。


⇒無料で「デスクの下で、愛をさけぶ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「デスクの下で、愛をさけぶ」で検索です



デスクの下で、愛をさけぶ 5話のネタバレ

新庄はアヤネと白銀の姿が見えないため探して話を聞こうと思っていた。


資料室に二人がいて
白銀がアヤネにネクタイを猿轡にして責めていた。


アヤネがイきそうになると白銀は手を止めていた。


白銀は
“新庄にセクハラされたと訴えるんだ”
とアヤネに迫っている。


新庄は同意なのか無理矢理なのか判断できずに覗いていた。


白銀の手でアヤネがイきそうになっていたため、
新庄は出ていこうとするが何かの音が鳴る。


アヤネが白銀の会話を録音していた音だった。


アヤネは
“強引なあなたを避けるにはこれしかないかった、あなたと付き合うのは無理です”
とハッキリいうと
白銀は激怒してアヤネに暴行を振るおうとする。


新庄は白銀の後頭部に荷物をぶつけて気絶させる。


新庄はアヤネを抱えて連れ出す。


新庄は
“俺としたときも嫌ならああやって拒めばよかった、勘違いしてしまうじゃないか”
と泣いていると
アヤネは新庄を押し倒し強引にフェラを始める。


新庄は慌てているがアヤネは跨ってきて
“イって”
と腰を激しく動かす。


新庄はすぐにイってしまい
アヤネもイって新庄にもたれかかってキスをする。


白銀とアヤネは何事もなかったようにプロジェクトを終了させる。


白銀は本社に戻るのでアヤネとの別れ際に
“あんな裏切られ方初めてだ、興奮した。せいぜい今のうちに新庄くんと仲良くしてればいい”
とアヤネを諦めていない様子だった。


新庄は
“白銀のおかげで少しアヤネとの仲が進展した気がする”
と思っていた。


⇒無料で「デスクの下で、愛をさけぶ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「デスクの下で、愛をさけぶ」で検索です



デスクの下で、愛をさけぶ 6話のネタバレ

新庄はアヤネに避けられているのを感じていた。


ある日
アヤネが会社を休んだ時があり、
新庄は外回りをしていてアヤネを街で見つける。


新庄はアヤネをつけてみると
アヤネは男と待ち合わせをしていた。


“そっけない理由はコレだったのか”
と思い後をつけてみる。


アヤネと男は親しそうに映画館に入って行く。


新庄はアヤネの隣の席に座る。


映画が始まるとアヤネの手に触れる。


アヤネは新庄に気付くが
男には悟られないようにする。


新庄はアヤネの下半身を弄りだすと、
アヤネは感じて声を出してしまう。


アヤネはイきそうになり
新庄も
“このまま自然と仲直りできるハズ”
と思っていたが
アヤネは怒って新庄の手を振り払う。


アヤネは映画が途中なのに外に出ていき新庄は追いかけて行き謝る。


アヤネは
“あなたを見るだけで変な気持ちになる”
ということを打ち明ける。


アヤネが照れているのが可愛かったため
新庄はトイレに連れ込む。


思わず連れ込んでしまったが
アヤネは積極的に咥えてく来て仰向けになり挿入を促す。


アヤネは準備万端でスムーズに入って行く。


新庄は
“いつもこんあなことを?”
と聞くと
アヤネは
“私はあなたが初めて…”
と打ち明ける。


新庄は
“あの男は誰なの?なんで俺の事避けてる”
と言いながら激しくついてアヤネをイかせる。


映画が終わり男が出てきて自己紹介すると
男は見た目は男に見えるがアヤネの女友達だと打ち明ける。


“アヤネとおかしな関係になってる例の男”
と新庄に
“アヤネはそういうの免疫無いから”
と注意する。


⇒無料で「デスクの下で、愛をさけぶ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「デスクの下で、愛をさけぶ」で検索です



デスクの下で、愛をさけぶ 7話のネタバレ

新庄とアヤネは会議に出席していた。


隣の席で新庄はアヤネに机の下でイタズラをしている。


会議が終わるとユイが新庄を飲み会に誘ってくる。


ユイはアヤネには
“来れたらでどーぞ”
と対抗意識を燃やしている。


ユイは男性社員に人気があった。


アヤネも
“みんなああいうタイプの子が…”
というが
新庄は
“俺はアヤネ一筋ですから”
という。


アヤネは照れて新庄の足を踏みつけてデスクに戻る。


ユイが残業を押し付けられて困っていると、
新庄が全て受け持つと申し出る。


ユイは喜んでいるが
新庄はアヤネと残業したいだけだとすぐに気づき面白くなさそうな表情をする。


ユイは新庄の気をアヤネではなく
“男なんてみんな私に惚れてればいい”
と自分に向けさせようと思う。


新庄とアヤネは残業していて
いつの間にか二人きりになっているとアヤネが誘ってくる。


新庄もすぐに応じて
机の下に隠れて後ろから激しく突いてすぐにアヤネをイかせる。


アヤネをイかせた後に新庄は
“そろそろデスクからでませんか?キスとかしたい…”
というが
アヤネは照れて蹴ってくる。


二人の一部始終を買い物から帰ってきたユイは見ていた。


⇒無料で「デスクの下で、愛をさけぶ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「デスクの下で、愛をさけぶ」で検索です



デスクの下で、愛をさけぶ 8話のネタバレ

アヤネは仕事太終わったので夜食を買いに行こうとする。


アヤネはユイの仕事を引き受けた新庄を怪しい目で見ているが
それを察した新庄は
“たとえエロいことされても勃たない自信ある”
という。


ユイはそれを聞いていて
“こんな屈辱を受けたのは初めて”
と怒りに震えていた。


新庄が仕事をしていいると
ユイはアヤネのフリをしていきなりフェラを始める。


新庄はアヤネだと思いすぐにその気になる。


ユイは
“私無しじゃ生きられない身体にして突き返してやる”
とアヤネに対抗意識を燃やしている。


新庄はあっという間に口だけでイかされてしまう。


ユイは手ごたえを感じていた。


新庄は足でユイの身体を責めだす。


ユイは屈辱を感じながらも気持ちよくなってしまう。


ユイは足だけでイかされてしまい
ぐったりとしているところに挿入される。


⇒無料で「デスクの下で、愛をさけぶ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「デスクの下で、愛をさけぶ」で検索です



デスクの下で、愛をさけぶ 9話のネタバレ

正常位で挿入されているが
新庄はまだユイだと気付いてない。


新庄に激しく突かれてユイは
“鉄仮面よりも気持ちいいってことよね”
と勝ち誇る。


ユイはイきそうになるが
“気持ちいのではなく鉄仮面から奪った優越感で興奮してる”
と自身に言い聞かせる。


ユイは新庄にイかされて
新庄もユイの中に出す。


新庄が余韻に浸っていると
ユイは
“新庄先輩、ユイちゃんで~す”
という。


新庄は青ざめて謝る。


ユイは
“アヤネに知られたくなければ私の言うこと聞いて”
という。


ユイは
“アヤネを振って”
というが
新庄は
“アヤネとは付き合ってるわけじゃない”
と二人の関係を説明する。


その後
ユイは新庄を仕事中に人気のない部屋に呼びだしていた。


ユイは
“身も心も完全に屈服させなきゃ気が済まない”
と思っている。


⇒無料で「デスクの下で、愛をさけぶ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「デスクの下で、愛をさけぶ」で検索です



デスクの下で、愛をさけぶ 10話のネタバレ

ユイは新庄をいすに座らせて跨って強引にイかせる。


新庄はユイに縛られた箇所が赤くなっていた。


席に戻るとアヤネが足を舐めてくるが
すぐにユイが邪魔をしにやってきて新庄に付きまとう。


その後も
ユイは新庄に付きまといアヤネと二人きりになれないでいた。


ユイは新庄とアヤネの関係を正確に把握していた。


“私が先輩とこういう関係になってたら私のこと好きになってましたか?”
というと
新庄は困った表情をして
“近づくのは必要最低限にしてくれ”
という。


ユイは新庄の気持ちがアヤネから離れていないのが不満そうだった。


新庄をトイレに連れ込み
自分が縛った跡を指摘して
“キスマークで上書きされてる”
と指摘する。


“付き合ってないのにマーキングするなんてやりますねぇ”
とアヤネに対抗意識をもって
“私ももっとマーキングしちゃお”
と新庄に迫る。


新庄はユイからのキスを拒むと
ユイは怒って跨って挿入してくる。


“私は先輩の事好きってわけじゃない、鉄仮面なんかにデレデレしてるから”
というと
新庄は思わずユイを抱きしめる。


ユイは驚いて新庄を突き放し
“ついに私にホレちゃいました”
と得意げな表情をする。


新庄は
“そうじゃなくて、一生懸命な姿を見るとかわいく思えて”
とユイを抱っこで挿入したまま優しく動く。


いつもと違い優しく責めてくる新庄にユイは感じてしまい拒めなかった。


新庄がイく瞬間に
ユイは新庄の身体を抱きしめる。


終わったあと
ユイは
“キスはダメなのにエッチはして抱きしめるって一貫して無い”
というと
新庄は
“好きでもない人とエッチして自分を粗末に扱うのは切ない”
とユイの頭を撫でてくる。


ユイは新庄の太ももに噛みつき
“からかっただけだし、金輪際近寄らないで”
と顔を真っ赤にして怒って出ていく。





新庄は久しぶりにアヤネと残業をする。


アヤネがデスクの下に入ると
新庄の太ももに噛み跡を見つける。


⇒無料で「デスクの下で、愛をさけぶ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「デスクの下で、愛をさけぶ」で検索です



デスクの下で、愛をさけぶ~曖昧でイビツなふたり~ の感想

残業代はどうしてんの…!?


アヤネみたいな同僚がいたら残業も辛くないでしょうけど
“ご休憩”
ばかりで残業時間をつけているのでしょうか…


残業代が出ない会社ならいいですけど、
それはそれで別の問題がありますね。


もしかしたらブラックすぎる会社に勤務しているせいでアヤネの性癖が歪んだのかも…


日本社会の闇が暗示されているのかもしれません。





エロ漫画にしては珍しく絵は薄めで繊細な色使いです。


髪のツヤや影の描き方などはかなり凝っており作者のこだわりを感じます。


エグくて露骨なエロ描写は避けているため、
作中でヤりすぎて読者が不快になったり不安になるような展開はないので安心でした。


エロ描写よりもシチュエーションや、
キャラの心理描写に比重を置いています。


そのため
女体の描写は抜群に上手いわけではありません。


この作画で胸だけ詳細に描いても浮いてしまうと思うので、
あえてライトな描き方にしているのだと思います。


読者がブラック会社に勤める男性で
“こんな女性同僚が向かい側に座っていたら残業も苦じゃないのに…”
と妄想をして楽しむ作品だと感じました。







アヤネは
“会社のデスクの下で…”
という背徳感を楽しんでいるからこそ新庄に惹かれているのか、
本当に新庄を好きなのか微妙な所ですね。


新庄は白銀の件ではアヤネを
“軽い女”
と思いましたが
実はアヤネは新庄が初めての男だと明かします。


そんなこと打ち明けられたら何としてでもアヤネとの関係を盤石にすべきですが、
新庄がヘタレすぎますね。


間違ってユイともヤってしまっていますし…


新庄はどのようにしてアヤネと関係を発展させるのか注目ですね。


⇒無料で「デスクの下で、愛をさけぶ」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い丸ごと読めます!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「デスクの下で、愛をさけぶ」で検索です