ラッキードスケベ!
についてネタバレと感想を紹介します!

⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ラッキードスケベ!」で検索です



ラッキードスケベ! とは?

出版社:KATTS
作者 :まろん☆まろん,青水庵

なんでこんな都合のいいことばかり起きちまうんだ!!!

「淫運成就」のお守りを手に入れた主人公。

普通に街中をぶらぶら歩いてても、とんでもないラッキースケベがヒロシ(30)におきまくる!?

突然、女の子のお口に俺のが…

人妻の爆乳が顔にのしかかり…

学校に侵入したら、隠れてひとりエッチしてる女子を発見したり…

喫茶店で相席になった女が全員AV女優だったり…

撮影中のアイドルをカメラの前で…

この都合のいいドエロいラッキー、お楽しみあれ!!


ラッキードスケベ! 1話のネタバレ
~超巨乳母娘のムネチラ?マンチラ??無防備ラッキー♪~

ヒロシが部屋から出ると
同じアパートに住む女子高生のマリアが廊下で制服を脱いでいた。


マリアは恥らいながら
“制服が逆で戻してたんです”
と慌てる。


マリアが荷物を拾おうと屈むとスカートがめくれる。


パンツが食い込んでいてほぼ丸見えだった。


ヒロシは
“淫運成就”
のお守りの効果を実感する。


マリアは恥ずかしそうに走って行くと、
マリア母のリンカがマリアに忘れ物を届けようと部屋から出てくる。


ヒロシとぶつかってしまい
ヒロシは仰向けになりリンカの巨乳で顔を押しつぶされる。


マリアが慌ててリンカを注意するが
リンカは
“慌てると何もないところでこけちゃうの”
とのんびりとしていた。


ヒロシは苦しかったが胸の感触を楽しんでいた。


苦しんでいる中でリンカを犯す妄想をしていると、
マリアが
“はやくどかないと。おっぱいで押しつぶしてるんだよ、はずかしいよ”
と赤面している。


ヒロシはリンカとマリアに無理やり挿入する妄想をしていた。


リンカはマリアに忘れ物の弁当を渡すと、
ようやく気が付いたように立ち上がりヒロシは解放される。


リンカはマリアがテストでいい点を取ったときにも、
抱きしめて窒息させかけたことがあるのだという。


リンカはマリアを送り出すと部屋に戻っていく。


ヒロシはリンカの後ろ姿を見ながらお守りの効果を確信していた。


その後も
ゴミ出し中のスパッツ姿の人妻に遭遇し乳首のポロリを見ることができる。


駅の階段ではミニスカOLのパンチラに遭遇する。


“今日はいい日だ”
と思いながら駅のベンチに座っていた。


駅のホームにはいつもよりレベルの高い女子高生が多かった。


可愛くて巨乳の大人しそうな子がやってくる。


“昔の時代ならすぐに夜盗とかに襲われて輪姦されて売られそうな娘だな”
と思いながらその子を犯す妄想をする。


女子高生は新学期のためかソワソワしていた。


“一度でいいから襲ってみたい、今の俺なら可能かも…”
と思うと興奮してきて勃起してしまう。


ヒロシは興奮を冷ますため、
周りに気付かれないようにモノを取り出し一回出すことにする。


先ほどの女子高生がヒロシの座っているベンチの裏から出てくる。


ヒロシが驚いていると
女子高生は自分の足に躓いて転んでヒロシのモノを咥えてしまう。


ヒロシは気持ちよさを感じながらも困惑していた。


女子高生もどんな状況だがすぐには理解できていない様子だった。


ヒロシは
“お守りは完全に本物だ”
と思いラッキースケベし放題だと喜ぶ。


駅のホームにいるほかの人たちは二人に気付いていなかった。


女子高生はようやく何が起きているのか気付く。


“恥ずかしすぎる、死んじゃうよお…”
と赤面していた。


“早く抜かなきゃ”
と思うが
ヒロシは女子高生の頭を抑えつける。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ラッキードスケベ!」で検索です



ラッキードスケベ! 2話のネタバレ
~女子学生の汚れなきお口にラッキー挿入♪~

ヒロシは
“100%犯罪に決まってる”
と思いながらも
お守りの効果を信じて女子高生の頭をゆっくりと動かしだす。


女子高生は
“もしかした使われてる?”
と気付いて慌てふためく。


女子高生はヒロシのモノが大きすぎて苦しそうにしている。


ヒロシは背徳感と気持ちよさで動きを止める気はなかった。


女子高生は
“顔を上げなきゃ”
と思っていたが
“顔上げてからどうすればいいの?”
と混乱していいように使われてしまう。


“まわりの人からビッチって思われちゃう、学校で変態が進学してきたって思われちゃう”
と心配していた。


“なんとかしなきゃ”
と思いながらも
咥えている自分が興奮していることに気付く。


ヒロシもソレに気付き
“その年でビッチかツイてるぜ”
と言葉責めをしだす。


女子高生と同じ制服を着た子が二人に気付きだす。


女子たちはヒロシたちを見て赤面していた。


ヒロシは女の子に見られている状況に興奮して射精感が高まってくる。


ヒロシがそっと手を放すと
女子高生は自分で頭を動かしていた。


女子高生は
“今話したらフェラしてたのばれちゃう、射精してもらって飲むしかない”
となんとか誤魔化そうとして必死だった。


“小さくなっちゃえば何してたかばれないかも…たぶん”
と思い必死で口で奉仕を続ける。


女子高生はヒロシのモノを咥えながら
“エッチな動画見てるときよりも濡れてる”
と実感していた。


ヒロシは
“手はなしたのに自分で頭動かしてるわ~”
と嘲る。


女子高生は手が離れていたことに気付き恥ずかしくて真っ赤になる。


“出さなきゃ終わんない”
と思い激しく動かすと
ヒロシはイく瞬間に女子高生の頭を掴んで奥まで押し込む。


ヒロシは夢に見ていたイマラチオを体験して満足していた。


無理矢理されて女子高生も興奮していた。


女子高生はヒロシの精液をしっかりと飲み込む。


“隠さなきゃバレちゃう、とりあえず飲まなきゃ”
と必死だった。


全部飲むと女子高生は顔を上げてヒロシを見つめる。


真っ赤な表情で眼には涙を浮かべてトロけた顔をしていた。


女子高生は立ち上がると、
ヒロシは正気に戻り
“もしかしてこれやべぇかも…”
と青ざめる。


女子高生は泣きながら大声で
“すみませんでした”
といって走って去っていった。


周りの人たちはその声を聞いてヒロシに目を向けるが、
ヒロシは既にモノを収納していた。


ヒロシは
“これさえあればどんなエロいことでもできるんじゃね!?”
とお守りを見つめる。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ラッキードスケベ!」で検索です



ラッキードスケベ! 3話のネタバレ
~揉んじゃって問題無し!?純粋な巨乳モミ放題ラッキー♪~

ヒロシはお守りを肌身離さず身に着けるためにイロイロ考えてみた。


お守りをバラして、
中にあった怪しい粉を少し舐めて外出してみることにする。


さっそく女子学生のパンチラに遭遇して効果を実感する。


ヒロシは昼間の授業中の名門中学に侵入を試みる。


正面から堂々とアッサリと入ることができた。


休み時間なのか
若い子たちの声が校内にあふれていた。


ヒロシは緊張感を楽しんでいた。


ところどころ工事中のため
作業員と間違われている可能性もありツイていた。


“やれるところまでやってやる”
と思い3人組の女子中学生に目を付ける。


一番かわいい子が一人になったので背後から忍び寄る。


その子は明らかに他の生徒とは違い、
綺麗な顔立ちで巨乳だった。


いきなり後ろから胸を鷲掴みにする。


女子中学生は驚いて声を出せなかった。


ヒロシは欲望のままに胸を揉みしだく。


勃起した下半身を女子中学生のお尻に押し付けると、
女子中学生は恥ずかしそうに赤面する。


女子中学生は
“こんなことしてたら捕まっちゃいますよ!?”
と自分よりヒロシの心配をしていた。


“声出したらこの人逮捕されてしまう”
と必死で声を抑えていた。


ヒロシはそんな気遣いもお構いなしで胸を揉みまくる。


“今の俺ならどんなことをしてもなんとかなる!”
とやりたい放題だった。


他の生徒たちが近づいてくる声がするので、
女子中学生は
“逃げて~捕まっちゃうから…”
と慌てる。


他の生徒たちがすぐ近くに来ると
ヒロシはいつの間にか姿を消していた。


女子生徒は
“よかった、人が来る前にどこかいってくれたみたい”
と安心する。


ヒロシは一気に二階の廊下まで逃げていた。


先ほどの女子中学生の胸の感触を思い出し反芻していた。


“上の階に何かある”
と自分の直感を信じて屋上に向かう。


屋上に行くとお尻の大きい少女が夢中で自慰行為をしていた。


ヒロシの方にお尻を向けているためヒロシに気付いていない。


少女は年上の男性に犯されている妄想をしているのが独り言から伺えた。


ヒロシは
“まだこんなガキのくせして…絶対にオレより変態の素質ある”
と呆れる。


少女がイきそうなので
ヒロシは固唾を飲んで見守る。


少女は自分の指と妄想で派手にイく。


イきなれているのが伺えた。


満足した表情をしており、
日常的にこの場所で自慰行為をしていることは容易に想像できた。


ヒロシは
“どこかにすぐ犯せる女子いね~かな~”
と呟いてみる。


少女は硬直して
恥ずかしそうに振り返りヒロシと目が合う。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ラッキードスケベ!」で検索です



ラッキードスケベ! 4話のネタバレ
~サボってエッチ!?スケベな女の子にラッキー遭遇♪~

ヒロシは赤面している少女を嘲ると、
少女の顔から大量の汗が噴出する。


少女は消え入るような声で
“すいません”
と言う。


ヒロシは
“見ててやるから続きしなよ”
というと
少女は驚いた表情をして続ける。


少女は見知らぬ男に自慰行為を見られたことで興奮していた。


“ずっと見られたかった、私のスケベを知ってほしかった”
と指の動きが早くなる。


ヒロシは我慢できなくなり自分のモノを取り出す。


少女はヒロシの大きなモノに見とれる。


少女はどうしても挿入してほしくて興奮してもう一度イってしまう。


ヒロシが自分でしごいてイッてしまうのを懸念して、
ヒロシに向けて四つん這いになりお尻を差し出してくる。


ヒロシは
“自分から尻を向けてきた”
と驚くが
少女は挿入を期待していた。


ヒロシがズボンを下す音が聞こえるため
少女は
“脱いでる!?”
と期待を大きくする。


ヒロシが少女の尻を鷲掴みにすると、
少女は体を震わせる。


ヒロシは少女のお尻の柔らかい感触を楽しんでいた。


ヒロシは後ろからゆっくりと挿入する。


授業開始のチャイムが鳴ると、
二人とも驚いてギクリとする。


ヒロシは挿入と途中で止めて
“授業はじまったな、いいのかい?出なくて。”
と聞くと
少女は黙っていた。


“エッチ選ぶんだね、いやらしいんだね”
とヒロシに責められると
少女はゾクゾクして興奮していた。


ヒロシは言葉責めを続けると
少女の妄想通りの責めの言葉だった。


根元まで挿入すると
二人ともその感触を楽しんでいた。


少女の膣圧は心地よかった。


ヒロシは初めて金を払わずに女とセックスができて感激する。


少女も
“本物ってすごい”
と悶えていた。


ヒロシが腰を動かしだすと
ヒロシは女子中学生たちを犯す妄想で頭がいっぱいになり、少女は年上男性に犯されて喜んでいた。


ヒロシの言葉責めは少女にとって理想的だった。


言葉責めをするたびに少女の膣圧が上がっていく。


少女は興奮してイってしまうと、
ヒロシはその感触を楽しみながらさらに激しく突く。


少女は
“姫川ロウラ”
という名前だった。


下の名前は
“蝋裸”
と書くのだという。


ヒロシはロウラの両親を
“変態かDQN”
と責めるが
両親は公務員なのだという。


ヒロシは
“親父は明らかにむっつりな変態、お前が育ったら自分好みに調教するつもりでいた”
と指摘する。


ロウラはヒロシに犯されているのを
“記念日になる”
と喜んでいた。


ヒロシがロウラのお尻を叩くと
ロウラは
“もっとおねがいします”
と気持ちよさそうにしている。


ロウラのお尻が真っ赤になるまでヒロシは叩いていた。


ロウラは海外のAVをみてお尻を叩かれてみたいと思ったのだという。


ヒロシは挿入したままロウラを外から見える位置まで連れていく。


フェンスにもたれかからせて立ちバックで責めると、
ロウラは他の生徒に見られる危険を感じて興奮していた。


ロウラは興奮して
“こんなに幸せでいいの?”
と悶えている。


ヒロシは
“お仕置き”
といってロウラの小ぶりな胸を揉みしだきながらより激しく腰を動かす。


ロウラは
“おじらんのオナホ代わりになりたい、こんなすごいおじさん絶対いない”
と叫んで何度目かの絶頂を迎える。


ヒロシはロウラのポテンシャルに圧倒されつつも、
“もっとすごいことしたい”
と期待を膨らませる。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ラッキードスケベ!」で検索です



ラッキードスケベ! 5話のネタバレ
~廊下で!教室で!?誰にも気づかれないハメ直しラッキー♪~

ヒロシはロウラを連れて授業中の静かな教室を歩いていた。


ロウラが
“ハメて欲しい”
というので
駅弁の状態で廊下を歩く。


ロウラは授業中の廊下でハメられている状況に興奮していた。


ヒロシがキスを要求すると
ロウラは嬉しそうに応じる。


ヒロシが改めてロウラの顔を見ると美少女なのが伺える。


ヒロシは駅弁のまま教室の前を歩きだす。


教室の後ろのドアの前に到着すると
ロウラは
“みつかっちゃう”
と心配していた。


ヒロシはロウラの膣内が反応しているのを感じる。


ヒロシは興奮してイきそうになるが我慢していた。


ロウラに
“おじさんのこと好きか?”
と聞くとロウラは
“はい、好き”
とこたえる。


ヒロシは
“女の子にマジで好かれたのってこれがはじめて”
と感激して中出しを決める。


“このままここで一発出す”
というと
ロウラは困惑しつつも
“中出し欲しい、でも声でちゃう”
と心配する。


ヒロシは我慢できずにロウラを抱っこしたまま中出しする。


ロウラはヒロシのモノが激しく痙攣して中出しの感触に興奮する。


少し声が漏れてしまうが
授業中の生徒たちには気付かれなかった。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ラッキードスケベ!」で検索です



ラッキードスケベ! 6話のネタバレ
~トイレで教育実習!?スケベな娘をセフレに調教ラッキー♪~

授業中に男子トイレに入る。


ヒロシはロウラを拘束して
強制的にM字開脚の状態にする。


ロウラは興奮して下腹部を濡らしていた。


ヒロシが
“肉便器だ”
というと
ロウラは
“小学生からの夢がまたかなった”
と嬉しそうにしている。


二人は休み時間のチャイムに気付かなかった。


男子生徒が数人トイレに入ってくる。


ヒロシは
“ばれたけどなんとかなるかも”
と自分の運を信じていた。


ロウラは
“みないで…”
と言うが顔はニヤけていた。


ロウラは興奮と理性がごちゃまぜになり、
支離滅裂な言葉を吐いていた。


ロウラは興奮して男子生徒の前で潮を吹いてしまう。


ヒロシは男子生徒たちに
“姫川ロウラさんのセフレです”
と自己紹介する。


そのまま
“続きやるぞ”
とロウラを抱っこして挿入する。


ロウラは
“私の今後どうなるの!?”
と言いつつも興奮して楽しんでいた。


男子生徒たちは二人のセックスに釘付けだった。


ヒロシは美少女のロウラを抱いている優越感を楽しんでいた。


嫌らしい言葉をヒロシに促されるまま発言するロウラに、
男子生徒たちは呆然と見守る事しかできない。


ヒロシは男子生徒たちに
“こいつのけつの穴使ってもいいぞ”
という。


前は使わせないが後はいいという。


ロウラは男子生徒に犯されるのを想像して興奮していた。


ヒロシは男子生徒にローションを手渡して馴染ませるように指示する。


ロウラのお尻にもローションを馴染ませると、
男子生徒はロウラのお尻に挿入する。


ロウラは快感に悶えて
男子生徒は興奮して腰を激しく振る。


ロウラは前と後ろに挿入されたまま潮を吹く。


男子中学生は初めてだった様子ですぐにイってしまう。


初セックスでの中出しをロウラの中に出せて満足そうだった。


ロウラもお尻に出されて気持ちよさそうにしている。


ヒロシは
“明日からどういう顔で授業出るんだこのスケベ娘が”
と責めるとロウラはとろけた顔をする。


ヒロシは二人目の男子生徒に挿入を促す。


二人目の男子は興奮して
“姫川さん好きでした、もう満足しました”
と告白して挿入してすぐにイってしまう。


男子生徒は早すぎる射精に名残惜しそうにしていた。


ロウラは気持ちよくなりつつも
“絶対他の人とはしないです”
と前は他の男に使わせないと誓う。


ヒロシは
“忠誠心を確かめるため”
といって三人目に挿入をさせる。


1時間後
とっくに授業が始まっていたが男子生徒の列は途切れることが無かった。


既に10人もの男子生徒をイかせていた。


異常を察した男性教諭がやってくる。


ヒロシは
“なんとかなるはずだ、この力は本物だ”
とお守りの力を信じる。


ヒロシは
“女子生徒さんと肉体関係にありまして…トイレお借りしているだけですので”
と誤魔化す。


ヒロシは男子生徒たちを
“大人の時間だ”
といって授業に戻す。


“これで生徒の目は気にしなくてよくなりましたよね”
と男性教諭に話しかける。


男性教諭は戸惑いつつも
ヒロシに説得されてロウラのお尻に挿入する。


男性教諭は
“生徒にこんなことできる日が来るなんて”
とタガが外れていた。


ロウラは年上男性二人がかりに犯されて今までにない快楽を感じていた。


男性教諭はヒロシのロウラをセフレにした手腕に感心していた。


ロウラのお尻は男性教諭のなかでも評判だったのだという。


ロウラは大人の男二人が自分に挿入しながらイケナイ会話をしている状況に興奮する。


ロウラは両親に
“変態な娘でごめんなさい、まじめには生きられない”
と思いながら
前と後ろ両方同時に中出しされて声を出して派手にイってしまう。


“嬲る”
という言葉がふさわしい光景だった。


この日を境にロウラはヒロシの言いなりのセフレとなった。


学校では手は出されないように頑張って入るものの、
尻や胸を触られたりの過度のセクハラは受けているのだという。


ヒロシは一人の少女の人生を変えてしまった万能感に酔いしれていた。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ラッキードスケベ!」で検索です



ラッキードスケベ! 7話のネタバレ
~AV女優×3と相席!?人妻~ロリ系女優に囲まれラッキー!!!~

ヒロシが喫茶店に入ると有名なAV女優3人と相席となる。


案内された席は窓際でレンガの壁で仕切られたいた。


ヒロシはその3人で何回も抜いていた。


ヒロシは
“セクシー女優さんの方々ですか?”
と聞いてみると頷かれる。


ヒロシは3人のファンだというと、
好きな作品名を尋ねられる。


ヒロシは3人の作品をいくつも上げると、
3人ともヒロシが本当のファンだと判明して好感を持つ。


最近のAV女優はレベルの高い子じゃないと生き残れなくなっている。


ソープで働く方が明らかに稼げるのに、
わざわざAVに出演している女性をヒロシは心から尊敬していた。


3人は同じ作品に出演する予定だったが、
トラブルで無しになってしまったのだという。


“女優に一カ月禁欲生活を続けさせて一気にヤっちゃう”
という企画だった。


ヒロシが3人を毎日ビデオで見ているというと
“たくさんデキるんですね”
と感心される。


3人とも顔が赤らんでくるのにヒロシは気づく。


“3人とできるのでは?”
と思うとヒロシは勃起する。


3人ともヒロシのモノの大きさに驚いていた。


“これは絶対いける!”
と思い
“みなさんのスケベ丸出しオーラがすごすぎるせいですよ”
というと
3人とも照れていた。


ヒロシが隣にいるユイの太ももを褒めると
ユイは
“触ってみます?”
というのでヒロシは間髪入れずに触りだす。


ユイは
“太すぎませんか?”
と気にしていたが
“このくらい肉ないと色気ないっす”
というとユイは嬉しそうにする。


ヒロシは自分の勃起したモノを指して
“コレで会社いけますかね?”
と困ったフリをする。


“どうしてくれます…”
と迫ると
ユイは困った表情をする。


強引にユイに抜かせるように誘導して、
ユイの前でモノを取り出して見せる。


ユイの頭をもって無理やり咥えさせる。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ラッキードスケベ!」で検索です



ラッキードスケベ! 8話のネタバレ
~桃尻女優にしゃぶられながら、ロリ系女優に迫られラッキー♪~

ユイはヒロシのモノの大きさに戸惑いつつも、
すぐに順応してストロークを開始する。


ユイの慣れた様子に
以前無理やり咥えさせた女子高生との違いを感じていた。


憧れのAV女優に咥えてもらっている状況をヒロシは楽しんでいた。


ヒロシは強気にAV女優たちを言葉責めし出すと、
ユウはMっけがあるため興奮している。


ユウは32歳という年齢を気にしている様子だったが、
ヒロシが
“昔から大好き”
というので照れていた。


“おばさんの負い目、世間的価値をわかっていて男に対して下手に出てくれる”
とヒロシはユウの謙虚さを褒める。


ヒロシはユウを褒め続けてユウは気分良くなっている。


ミナトもうずうずしていた。


“二十歳なんだけど若すぎますか?”
と自分に興味を持ってほしい様子だった。


大きな胸を見せつけて誘惑してくる。


ミナトは
“都合のいいメンヘラ”
と自分で言い出す。


ヒロシは画面越しでみたミナトのイメージと同じだと確信する。


ヒロシはミナトも褒めだす。


褒められたミナトは興奮していた。


“エロ漫画に出てくるようなおじさま”
とセックスをおねだりしてくる。


ヒロシは自分のモノを咥えているユイに
“だしちゃいますけどいいっすよね”
といって口内射精をする。


無理矢理ユイの頭を押し付けるが
ユイはプロのバキューム力で吸い出す。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ラッキードスケベ!」で検索です



ラッキードスケベ! 9話のネタバレ
~人妻系女優をマンぐり返しでハメ倒しラッキー~

ユイは全部飲み込む。


“怒ってないけどちょっとびっくりした”
と微笑んでいた。


ヒロシは次はユウを指名してセックスするという。


ユウは躊躇うがヒロシは強引に誘導する。


ホテルに行くことを提案されるが
ヒロシは
“ここでします”
といって
“テーブルの上でまんぐり返しになってください”
という。


ユウは周りを見渡してから言うとおりにする。


恥ずかしさで興奮して濡れてヒクヒクしていた。


ヒロシは
“使い古してるハズなのになんでこんなに奇麗なんですか?”
と聞くと
子供のころから色が変わらないのだという。


指3本がすんなり入ってすぐに名器だとわかる。


ユウはアッサリとイってしまい派手に潮を吹く。


ヒロシがゆっくり挿入するとユウはトロけた表情で期待していた。


根元まで入れると大きさに驚いた表情をするが、
すぐに気持ちよさそうにする。


ヒロシのモノにあえいでるユウに
ヒロシはユウには旦那がいることを指摘する。


ユウは旦那とはあまりセックスはしないのだという。


旦那はAVをしていることを知っていた。


ユウは
“旦那の人柄に惹かれた、セックスは仕事でできる”
のだという。


ヒロシはユウの名器を十分に味わっていた。


ユウは喘ぎながら
“最近、中出し作品なかったからピルを飲んでない…”
と中出しされたら妊娠の可能性を示唆する。


ヒロシは
“出されたそーな顔してる”
と中出しを想像する。


ユウも興奮して中出しを期待している様子だった。


ヒロシはユウにキスをして激しく腰を動かす。


ユウはイきそうになり
“なかにください、中出しされながらイかせてください”
というので
ヒロシは過去に見たAVを思い出しながら中出しする。


ヒロシはガチ孕ませセックスで征服感を感じていた。


中出しでユウが孕んだことを確信する。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ラッキードスケベ!」で検索です



ラッキードスケベ! 10話のネタバレ
~とろけるお口と熟れた桃尻ヤリ放題ラッキー~

ユイは中出しされたユウを羨ましそうにしていた。


ヒロシは
“キスしましょう”
といってユイを抱き寄せてキスをする。


ヒロシは既にモノを固く復活させていて、
ユイはヒロシのモノをしごきだす。


二人はディープキスをしながお互いの身体に触りあう。


ユイの手コキが上手くてヒロシは我慢できなくなる。


ユイは
“犯されてる感じするから”
とバックが好きなのだという。


ユイは四つん這いになりヒロシにお尻を向ける。


ヒロシはユイの肉付きのいいお尻と細いウエストのギャップを褒める。


“いやらしいカラダしやがって”
といってユイの肌の感触を楽しみながらパンツを剥ぎ取り生で挿入する。


ヒロシはユイのお尻を鷲掴みにして腰を振りだす。


ユイは深く突っ込まれて気持ちよさそうに声を出す。


ユイは後ろから突かれるのが大好きな様子だった。


ヒロシは
“付き合おう篠田さん”
というと
ユイは困った様子で
“いやじゃないけど…”
と事務所からのNGを思い出す。


ヒロシは必死に説得しながら腰を振る。


ヒロシの言葉責めにユイは
“うん”
とOKする。


ヒロシは興奮して
“出すぞ、子供産め”
といって中出しする。


ユイも中に出されてイっていた。


ヒロシは中出しの余韻に浸りながらミナトの方を見る。


ミナトは興奮しており胸を半分ほど露わにしていた。


ヒロシは
“ご主人様を待っている子犬のよう”
と思う。


ミナトは
“付き合います、お付き合い余裕でできます”
という。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ラッキードスケベ!」で検索です



ラッキードスケベ! 11話のネタバレ
~H大好きロリ系女優の彼女志願!?突然告られラッキー♪~

ミナトは興奮しきっており、
事務所を辞めてヒロシと付き合うと言い出す。


“なんでもやります”
と誘惑してくるので
ヒロシは小柄なミナトを抱きかかえて背面駅弁の体制をとる。


ミナトは体を浮かされた状態で激しく突かれて悶えていた。


ヒロシは一番人通りの多い通路でミナトを抱きかかえて激しく突く。


ユイとユウは心配しながら見張りに着く。


囲いのおかげでミナトは他から見えない状態にはなっている。


しかし
人が通るとすぐにばれる状態だった。


ヒロシは見つかってしまうかもしれないスリルを楽しんでいた。


ミナトの後ろ姿は小学生のように幼かった。


ヒロシの言葉責めでミナトは興奮している。


ミナトはイってしまい身体を震わせる。


廊下はミナトの潮吹きでずぶ濡れになっていた。


ミナトは
“東京に出てきてよかった”
と涙ぐんで喜んでヨガっている。


ユイはサラリーマン二人が接近してくるのに気づき報せる。


ヒロシはお構いなしでミナトを責め続けていた。


サラリーマンは通路を曲がったため見つからなかった。


ユウは心配して
“席に戻った方が…”
というがヒロシはミナトを犯すのに夢中で聞く耳を持たない。


そんなヒロシにミナトは感激していた。


サラリーマンが通りかかりヒロシとミナトを見て驚いた表情をする。


ユウは咄嗟に
“すいません通路ふさいでしまって…夫が娘を躾けているだけですので…”
という。


その間にミナトは一回イっていた。


ユウは
“はいってないです、おしりペンペンですので~”
と取り繕う。


ミナトはさらにイってしまう。


サラリーマンは
“いろんなご家族がありますので…”
と気まずそうに戻っていった。


ミナトはヒロシに
“飼って下さい…”
と懇願する。


ヒロシは
“どんだけメンヘラなんだ、家具や家電同然に扱ってやる。とりあえず三つ子産めや”
といってミナトの中に出す。


中に出されたミナトは派手にイって痙攣していた。


ヒロシが日常的にセックスできる女が一気に3人増えていた。


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ラッキードスケベ!」で検索です



ラッキードスケベ! の感想

そのお守りどの神社で売ってるの…?


そんなお守りがあったら全世界の男が殺到してボロ儲けできるでしょうね。


“運がいい”
というシンプルな理由で難しいことは考えずに楽しめました。





ヒロシが極力出てこないで、
表情も描かれていないのが良いポイントでした。


男キャラのキモいヨガり顔を見て萎えることもなく、
読者はヒロシに自分を重ねて楽しめます。


ヒロシの心の声は男の願望垂れ流しで共感できるところがかなりあります。





女の子たちで良かった点は
基本的に大人しそうな見た目の子が多いです。


エロい子やAV女優もいますが、
見た目は
“いかにもビッチ、もしくはギャル”
という子はいなく
日本人男性が好みそうな女のこばかりで安心感があります。


どの子も恥らった表情が可愛いです。


女の子がビッチすぎたり、
アヘ顔がやり過ぎだと萎えてしまいますがそういうのは無くて安心しました。


ドロドロした表現もかなり控えめになっています。





ヒロシが中学校に侵入した時に胸を揉みしだいた女子が大人しすぎて可愛かったです。


ヒロシから卑劣な痴漢行為を受けているのに、
自分ではなくヒロシが捕まってしまう心配をしていました。


あんな子が近所にいたら
強引に連れ込んでヤってしまっても許してくれそうですね。


現実世界にはそんな都合のいい女の子は絶対いないですけど…





女の子のロリポジションもいるのですが、
“ロリ巨乳”
という属性で純粋はロリではありません。


女子中学生のキャラも大人びているので女子高生に見えます。


そこがやや残念なポイントでした。


“限界ギリギリのロリキャラ”
はいないのでそういうのが好きな人には物足りないかもしれません。


まろん☆まろん先生の描く
“純正ロリ(微乳で小さいお尻と未発達な身体)”
も見たかったです…


逆に
“ムチムチでちょっとだらしない体”
が好みの人にはかなり相性がいい作品となっています。


基本的にはオムニパス形式なので、
気になる話だけ楽しむということもできるのでオススメです!


⇒無料で安全にアダルト動画を見放題な方法はコチラ♪
※成人向けアニメも見放題です!

▽▼▽クリックで無料試し読み♪▽▼▽
※「ラッキードスケベ!」で検索です